テーマ:日記

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(109~111)(日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(109~111)(日記シリーズ)  その後、ゴルフには3回も行っていますが、最近は特にそうですが、疲れ果てて、書く気がせず、皆さんに報告もせず、従って、他のブログの記事も書けずにいました。  ところで明日、ゴルフに行きますので、又、久しぶりの我が仲間です。つまり、「へぼゴルフの仲間」ですが、良い成績を…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(108)(日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(108)(日記シリーズ)  明日ゴルである。練習にも行っていないので、明日ののコンペのために、既におわった月例について乞うご期待と書いたし、結果を書いて置こう。書くのを飛ばしてしまったら読者諸兄に申し訳ない。  「月例」は11月20日、山の原GC 山の原コース、メンバー(仲間)は、いつもの「はや振り上げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!面目なゴルフ日記(107)(日記シリーズ)

 面目なゴルフ日記(107)(日記シリーズ)  行って来ました。山梨県人会ゴルフ部のコンペである。私は参加を始めてから約10年になる。歴史と伝統のあるゴルフコンペであるが、何事も個人の権利が優先され、つまりは強烈な我執とも言ってよい利己が優先される社会となり、家族愛も失われ 、従って郷土愛も希薄となり、日本国内の「グローバル化」か…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(103~106) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(103~106) (日記シリーズ)  真面目なゴルフ日記をサボっていましたので3回分を「まとめ書き」をします。第1回は10月3日、S会コンペで優勝です。山の原GC の恋里コースでした。グロス97でネット68.6でした。確か、このコンペでの優勝は2回目だと思います。  次のプレーは10月13日、前の日に練…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!愛の賛歌(日記シリーズ)

 愛の賛歌(日記シリーズ) 今日、次男坊主が彼女を連れてきた。 大して別嬪ではないが、気立ての良い娘だと思った。 互いにいつくしみ会え それが、何よりだ。何よりだ。 今日、次男坊主が彼女を連れてきた。 大して別嬪ではないが、気配りのできる娘だと思った。 互いにいつくしみ合え それで、何よりだ。何よりだ。 今…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(100~102) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(100~102) (日記シリーズ)  一泊二日の熱中症がらみの散々な結果は書きました。それから、3回行っていますので結果をご報告します。  先ず、9月8日の喉球会コンペで、山の原GC の山コースでした。22名参加し、私は20位、残念、わかりますか。ブービー賞を逃がして、返す返すも残念なのである。しかも、後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(97~99) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(97~99) (日記シリーズ)  この記事までに、3回ゴルフに行ってます。先ず8月20日ですが、山の原、山コースでアウト58、イン55でネットは73で、実力相応であった。  昔の仲間で、私がゴルフを本格的に始めた60歳のときに、参加した元職場のH会のコンペグループの世話人Yから誘われたのである。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああtろにあつく!日本セキセイインコ党の解党について(3の2(日記シリーズその2(29))

 日本セキセイインコ党の解党について(3の2(日記シリーズその2(29)) 4 転章 埋葬しなかったこと  民主党はこれから代表選挙のようだ。日本セキセイインコ党は党首が亡くなったので、即、解党だ。民主党は、仮に、管代表が逝去したところで解党しなくても良い筈だし、解党はしないだろう。  今、政権を担っている管と言う人物、代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!日本セキセイインコ党の解党について(3の1)(日記シリーズその2(29))

 日本セキセイインコ党の解党について(3の1)(日記シリーズその2(29)) 1 序章 予感  党首のピーちゃんは夏ばてではなかったのだ。確かに、弱っていた。彼女にとっては、私は手下であるから、指などを鳥かごに不用意に近づけると思い切り噛み付いてくるのである。ところが、最近、それがなくなっていたのだ。また、事務局長、つまり家内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(96) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(96) (日記シリーズ)  さて、さて、ゴルフのことも書いて措かねばなるまいなるまい。なにしろ、真面目なゴルフ日記なのであるからだ。コンペであった。2、3度紹介しました。元職場の潰れたコンペの「再建コンペ」である。潰れた理由の紹介もして、根回しの重要性や人の上に立つトップのあり方についても書いた。   …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!真面目なゴルフ日記(95) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(95) (日記シリーズ)  今日は、練習に行った。練習での結論は「左の肩さん今日は」でよく右に回すこと、そして、右足裏に体重を感じて振れば、大方、OKであった。但し、左肩に挨拶の後、ドライバーとスプーンでは左腕を下に振り下ろす感覚を付け加える必要があった。そして、これで全てOKであった。  つまり、こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとに熱く!真面目なゴルフ日記(94) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(94) (日記シリーズ)  昨日ゴルフに行ってきた。Y県人会のゴルフコンペである。このコンペは春夏秋冬の年4回で昨日は第113回である。私は新しい方の会員であるが、今回は非常に参加人員が少なかった。3組である。大震災の関係であろう。関西のコンペで高齢者が多くても、完全引退者は少ないのであろう。  つまり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!真面目なゴルフ日記(93) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(93) (日記シリーズ)  ゴルフに行ってきた。疲れ果てて、帰宅するとマクドナルドのチキンを当てに焼酎を飲んで直ぐ寝てしまった。下は昨日のテーマであった。  ①ボールを注視する(ヘッドアップを防ぐため、ボールを見つめる、視力を強くする)  眼光鋭く、ボールの野郎を睨んでパーオンしたのが、3、4回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああつにあつく!大阪北摂のちょっとした飲み屋(2)(日記シリーズその2(32))

 大阪北摂のちょっとした飲み屋(2)(日記シリーズその2(32))  お気に入りの、「特安」の立飲みどころをご案内しよう。これも、(1)に続いて阪急宝塚線沿線の蛍池駅の直近である。蛍池は大阪国際空港の最寄り駅でモノレールに乗ったら空港はすぐそこ、元気な人は飲んだ後走ってください、場合によってはモノレールよりは早いであろう。取りあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!大阪北摂のちょっとした飲み屋(1)(日記シリーズその2(31))

 大阪北摂のちょっとした飲み屋(1)(日記シリーズその2(31))  これから、私の気に入った飲みどころを紹介することにした。基本的なコンセプトは、安い、昼から呑める、機嫌よく呑める、である。安いと云う意味では、先ず、ドリンクである。アルコールについて馬鹿みたいな高い値段を付けている店には、通常、絶対入らない。  先ず、一発…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああつにあつく!真面目なゴルフ日記(89) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(89) (日記シリーズ)  結論だけ先に書こう。山の原GC 恋里コース、相手は斜面のM、株屋、手配師などのいっぱい形容の付くT、後一人は、始めての「練達のM」である。練達のMはいつもの仲間より一歩上手である。シャフトが柔かくバックスイングのときに曲がる。シャフトの弾力を利用して飛ばしている印象もある。若い頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!真面目なゴルフ日記(88) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(88) (日記シリーズ)  明日はゴルフです。実は、4月28日にも行っているのです。ところが、皆さんに報告するような書くべき成果もなく、大震災での自粛ムードで気が引けて、書くのを控えておりました。  明日行くので、明日のためにも書いておこうと考え、4月の結果から明日のテーマを設定しておこうと思います。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!栄光のレインボー会の友人について(日記シリーズ)

 栄光のレインボー会の友人について(日記シリーズ)  2ヶ月ぶりに、我が友人からメールがあり、しこたま呑んだ。友人からは「連絡がある」とのことであった。昼の12時に「我がヤサ(住所)」近くの「王将」が指定されていたのである。例の中華料理のチエーン店である。安いし、旨いが年寄には量が多い、だが、気に入っている。  そして、やっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!真面目なゴルフ日記(87) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(87) (日記シリーズ)  ゴルフに行ってきました。月例です。山の原GC 恋里コース、何時もの仲間で、ビールのM、はや振り上げのM、機嫌のTです。  相変わらずビールのMは、私の昼飯のビールに苦言を呈しますし、構えると直ぐ打ってしまいます。直ちに打つのが意識を集中する彼の方法のようです。  ちなみ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!死について(4)(文学シリーズ ショート(22)) 

 死について(4)(文学シリーズ ショート(22))      ところで、近くの叔母宅で介護されていた祖父の葬式には出席したとの確かな記憶がある。祖父は、当時、我が家の近くの叔母宅で暮らしていたのである。   ひょっとすると、祖母が我が家、祖父が叔母宅で、二人は別れて看護されていたのかも知れないのだ。   実際の介護はど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!死について(3)(文学シリーズ ショート(21)) 

 死について(3)(文学シリーズ ショート(21))   物に執着するのが年寄りなら、人に頼るのもボケ前の年寄りである。だが、少し話が変わるが、呆けた年寄ほど面白い存在はない。それは、完璧な唯我独尊、暴虐無人で絶対自分が正しいのである。ある意味、見事である。  こんな他愛もないことを書き飛ばしているが、実際に、そのような年寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!死について(2)(文学シリーズ ショート(18))

 死について(2)(文学シリーズ ショート(18))  そのような私だから、どうせ涅槃の内では死ねないのであろう。    ところで、年寄りになると物を捨てられなくなるようだ。それは、死期が近づくと、自分の生前の思いにしがみ付かざるを得ないからだろう。  それは、人間ほどいい加減な存在はないと、と言う真理がわかってくるから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!面目なゴルフ日記(86) (日記シリーズ)

 面目なゴルフ日記(86) (日記シリーズ)  2月25日の結果ですが、セレブの「楽しみの範囲の娯楽」は3,100ドルのプラスで大村長さんでした。メンバーは斜面のM、天然のF、富豪のTで山の原GC 恋里コースでした。  大村長とはプレーが終わったの後のお茶会・検討会の勧進元である。  大村長とはいえ、もっと偉大な村長で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!面目なゴルフ日記(85) (日記シリーズ)

 面目なゴルフ日記(85) (日記シリーズ)  次のゴルフのために疲れているが書いておこう。やはり、ある程度はゴルフでも運動になるのである。ところで、自慢ではないがクラブは1月23日から今日まで触っていなかったのだ。  幾ら出鱈目の私でも心配になったので一昨日はイメージトレーニングをしながら4駅区間をあるいた。時間にして1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!面目なゴルフ日記(84) (日記シリーズ)

 面目なゴルフ日記(84) (日記シリーズ)  輝かしくもない、うっとおしい平成23年、皇紀2671年での、こちらの方は輝かしい初ゴルフが、明日(1月12日)である。従って、無様な成績も収められないので、昨日(1月10日)f練習に行った、そして、練習の結果を検討し、明日のテーマは、「寄せでは」左ひじをしっかり伸ばす。もう一つは、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!日本セキセイインコ党(2)(日記シリーズその2(29))

 日本セキセイインコ党(2)(日記シリーズその2(29))  民主党同様に日本セキセイインコ党にも危機が訪れている。それは同居している長男坊主が、近くに幼稚園があるのだが、その入り口に大きな鳥小屋があって小鳥が飼われている。そこに、党首の彼女を寄付をすることを提案したのだ。そうなれば、必然として党は消滅するのである。  その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!中国独裁政権の怖さについて(日記シリーズその2(28))

 中国独裁政権の怖さについて(日記シリーズその2(28))  この一年間、少しは褒めたがNHKを批判してきた。年の最後に、この記事を書いておきたい、と思ったのです。昨日(12月30日)は、一日中、NHKBSを見ていた。3チャンネルNHKhである。  先ず、最初の番組は午前中であった。どこかで見た人だなと思っていたら、道傳 愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!真面目なゴルフ日記(83) (日記シリーズ)

 真面目なゴルフ日記(83) (日記シリーズ)  優勝するつもりの月例の結果を書いておこう。当日(19日)は、山の原GC恋コース、私の平成22年の最後のゴルフなのです。三人の仲間も、たまたま、そうでありました。早振り上げのM、機嫌のT、ビールのMでいつもの通りです。そして、それぞれ、優勝の決意も。  最初の脱落は、早振り上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!アガサクリテイーの世界(日記シリーズその2(25))

 アガサクリテイーの世界(日記シリーズその2(25))  S氏はたまたま、眠れない悶々とした夜に、NHKの衛星名画劇場の映画を見てフランスは素晴らしいと思ったのだ。それは、アガサクリステイー作の奥様は名探偵と言う映画なのだ。  物語は古くはない、と言うよりは、映画に写っている自動車などはそう古くはない型なのだ。通常、映画を見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!日本人が変わってしまって、最近、腹が立ったこと(日記シリーズその2(27))

 日本人が変わってしまって、最近、腹が立ったこと(日記シリーズその2(27))  その一つ、一昨日(12月16日)の朝の「スーパーモーニング、6チャンネル、ABCテレビ(大阪)」の、例の大阪南の何とか言うタコ焼き屋の路上不法占拠問題、についてのコメンテーターの「容認的発言」。  警告を与える人物達。一人鳥越俊太郎氏、彼には何…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more