テーマ:アメリカンフットボール

坂上忍氏マルチタレントで有能な人物らしい、「バイキング」での失態(ツイッター風ブログ)

 テーマは日大の危険なタックル問題である。アメリカンフットボールに詳しいわけではないが、「一次リーグの関東学生連盟」では、内田監督と井上コーチは「永久追放」になっていて復帰出来ないのにバカみたいに面白くもない話を延々と続けるのである。  見ていたテレビは、関テレ8チャンネルである。このブログでも記事に取り上げ、永久追放は可哀そうで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

危険なタックル、日大問題の本質について(ツイッター風ブログ)

 コンプライアンス(企業倫理、法令順守、危機管理)の問題の基本を押さえておくことは、重要である。題名に示したが、日大の「危険なタックル」もその一つである、と言って良い。以下思いつくまま書き出していく。  一つ、何が正義かと言うことも大問題であるが、企業や団体は基本的に「間違ったこと」をしてはならないのである。「日大の危険なタックル…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日大、アメフト問題では「教職員組合」もご立派(ツイッター風ブログ)

 巨大な法人・会社では働く人々だけがその「会社」を支配するわけではない。そして、日大の教職員組合は、まさか、全労連に参加しているわけではあるまい。健全な民主主義の社会では「資本家のこと」も考慮に入れる必要があるからです。  この問題は、実に、ソーシアルメディアを含め世間を賑わしてくれた。また、ソーシアルメディアの雄である「あゝとに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

日大アメフト内田前監督は敵前逃亡、井上コーチも明言せず(ツイッター風ブログ)

 読者は後で下の記事を見て下さい。見通しが、明白であったので、「日大のアメフト事件」について書いた始めての記事です。5月21日に書きました。今回は2回目です。  そして、色々動きはあったのだが、実行犯の宮川泰介(20歳)選手は、5月22日に記者会見を開き、今日は教唆犯の内田監督と吉田コーチとが記者会見を開いた。  次は下に気…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ぐずぐずするな、内田監督、明確な真の責任を取れ(ツイッター風ブログ)

 日大の内田監督は「責任は一切、私にある」。そして、「部の監督は辞任する」、とのことである。関西大学の文書がそうなっているので文書で回答するのだそうである。  19日に西宮市内で、被害者に謝罪したそうだが、関西大学の被害者の保護者は納得せず、警察に被害届を提出し、実際の捜査は警視庁が捜査をするようだ。  また、報道で明らかに…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more