テーマ:芸能

月亭可朝さんがお亡くなりになった、ご存知か(ツイッター風ブログ)

 月亭可朝可朝さんがお亡くなりになったそうだ。  今は大阪人になり切っている甲州出身の今唐加太朗は懐かしさが込み上ってきた。この3月28日、80歳であったそうだ。ご冥福をお祈りいたします。  彼は、絶頂期の昭和46年に、突然、参議院選に出馬し、落選した。この系列には、立川談志・西川清氏などが居る。この訃報は産経紙の「悼む」欄…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

あゝとにあつく!ピースの又吉、綾部が渡米、相方への愛と男の意地か(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)

あゝとにあつく!ピースの又吉、綾部が渡米、相方への愛と男の意地か(考察シリーズ、ツイッター風ブログ)  昨日(10月9日)ピースの綾部が記者会見を開き、報道陣は80人ぐらい集まったそうだ。来春に綾部が渡米しアメリカのニューヨークで一旗上げるのだそうである。  具体的な目標は無く、どうやら、意味が良く解からないが、綾部は又吉を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!美女のお尻Ⅱ(2)(文学シリーズ)

 美女のお尻Ⅱ(2)(文学シリーズ) <転章>  私、時々、マンションの公園の滑り台を滑り降りる。意図して滑りに行くの、だってジーンズのパンツをはいていないと滑れないから。そして、誰も居ないことを確かめて、ブランコにも乗るの。「しっちゃかめっちゃか」になるまで、漕いでしまうわ。夫とのエッチとは違う浮遊感みたいなものを味わう。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小林幸子悲しい女の性(文学、考察シリーズ)

 小林幸子悲しい女の性(文学、考察シリーズ)  小林幸子さんの旦那さんは、2ばつで子供さんは2人、東大内の会社(私的会社)の社長らしい。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」の推測だが、いい加減な男であろう。会社には赤字がある筈だ、もしくは苦しい筈だ。  健全で将来も確実な会社であれば、ラブラブの愛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!オセロ問題の真実について(考察シリーズ)

 オセロ問題の真実について(考察シリーズ)  「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」ではあるが、巷の芸能レポーターでもある不肖、今唐がこの問題の真実を大胆に考察する。  キーワードが三つある。その一つ、松嶋さんの「落ち着いたら一緒に仕事をしたい」。その二つ中島さんの「松嶋の顔も見たくない、」。その三…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!関西の芸能人、伸介君に与える(提言シリーズ)

 関西の芸能人、伸介君に与える(提言シリーズ)  年が先輩であるだけだが偉そうな文章を書く。先ずは矜持を持て。芸能人としての復帰は許されない。あれ程、引退時の会見で、「男としての矜持だ」、とかなんとか「大口」を叩いたからだ。復帰するのであれば、穴を掘ってその穴の中に復帰せよ。  もっとも、ケチ吉本の社長の談話は、君の意向では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!ちょっといい話、海老蔵良く聞け(考察シリーズ)

 ちょっといい話、海老蔵良く聞け(考察シリーズ)  一番えらいのは故、藤間紫さんである。日陰の女に徹したかどうかは知らないが、やはり、日本の伝統の女であったのだ。つまり、出て行っていた香川照之を自分の男、猿之助に引き合わせたからだ。  それに続き、ちょっと偉いのも市川猿之助(71)だ。何故かと言うと、実の息子が尋ねてきたのに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あゝとに熱く!紳介の引退を喜ぶ(2)(追考、考察シリーズ)

 紳介の引退を喜ぶ(2)(追考、考察シリーズ)  すみません。紳介について一回、記事を書いたと下のブログで書き、昔だから、探すのが面倒でURLを示さない、としたのですが、もう一度、彼について記事を書こうと思ったので、今、探して見ましたが見当たりません。1回記事を消されたことがあるのでそっちの方にかもしれません。  フロッピ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!紳介の引退を喜ぶ(追考、考察シリーズ)

 紳介の引退を喜ぶ(追考、考察シリーズ)  このブログで紳介の悪口を書いた。それは、ケチで、沖縄方面に引っ込んでいて週の数日を大阪なりに出てきて仕事をしているので、たかがお笑い芸人の癖に生意気だ、などと書いた。  今回、引退したので、それを喜び、前の記事に「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」が追考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!「海老蔵事件」に伴う雑感について(考察シリーズ)

 「海老蔵事件」に伴う雑感について(考察シリーズ)  海老蔵が、今、色々云われている。今後の彼のためには、良いことかもしれない。「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、このブログで、歌舞伎など日本の伝統芸能の役者について、一見、滅茶苦茶なことを書いた。  それは、彼等は、元々は河原乞食などと称され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!鉄砲節のこと(日記シリーズその2(15))

   鉄砲節のこと(日記シリーズその2(15))  嫌悪感に襲われている。失礼な「お捻り」の渡し方をしたのだ。お正月の例年行事になっているとブログに書いたことがあるが、5月の、一昨日の、大阪の山王町の浪花歌笑師匠の芸能生活80周年記念大会でのことだった。友人について行った席でのことだ。  また、友人はこの大会の発起人の一人な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく!美女のお尻(文学シリーズ ショート(3))

   美女のお尻(文学シリーズ ショート(3))  私、本当は歌手で売り出してもらったわ。それに、私、ダブルなの、ママンはフランス人で、また、おおらかな人で、何も言わず私を自由に育ててくれた。だから、大好き。私ダブルだから容貌はそこそこ、身体にも自信があって、お尻だって立派なものだと思ってる。  だけど、マネージャーの未来…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 押尾学の逮捕を喜ぶ(考察,追考シリーズ)

   押尾学の逮捕を喜ぶ(考察,追考シリーズ)  この記事を書く趣旨であるが、日本の男を危ぶむからである。東洋の君子国である日本の男達はこれほどまでに駄目になってしまったのかと危惧するからである。  警視庁が、慎重な捜査の結果、押尾学他について麻薬譲渡などで逮捕したこと及び犯罪者に有利な現在の「司法体系」の中での捜査の労苦に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 情けない男たち(考察シリーズ)

   情けない男たち(考察シリーズ)  今、若者について「草食系」と言われる区分があるそうだ。良く意味を知らないが、イメージどおりとすれば、人畜無害、男らしくない、中性的というような意味にとれる。  今日のテレビは、押尾学被告人、長門弘之氏の報道で「てんやわんや」だ。それぞれ、亡くなった二人のご婦人には謹んで哀悼の意を表した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 「のりピー」保釈について(考察、警告シリーズ)

  「のりピー」保釈について(考察、警告シリーズ)  NHKがニュースで、のりピーを報道している、何故だ、というブログがあった。最初意味が解らなかったが、今、政局が動いているときだ、民主党の動向の方が大事ではないかと言うことのようだ。  「彼女は、覚せい剤を使用し、検挙され、これから裁判所で断罪される。」事件の核心部分はこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 始めまして、酒井法子さん(提言シリーズ)

   始めまして、酒井法子さん(提言シリーズ)  14歳で福岡県から上京して、「アラフォオー」まで、 本当に良く頑張りましたね。頭が下がります。  その間、18歳の時、離婚していたお父さんを亡くし、ほとんど生涯孤独の中で、事務所社長などの支援はあったでしょうが、当初は、「のりピー言葉」や歌、長じては俳優など「清潔アイドルキャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 芸能人、「押尾 学」の薄気味悪さ(考察シリーズ)

   芸能人、「押尾 学」の薄気味悪さ(考察シリーズ)  同一の芸能人ネタで3回記事をかいた。「のりピー」についてである。    第1回目は、    「のりぴー」ご無事で!!(考察、提言シリーズ) 2009/08/06    http://39383054.at.webry.info/200908/article_7.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 「のりぴー」ご無事で!!続、続々報(考察、提言、警告、反省シリーズ)

   「のりぴー」ご無事で!!続、続々報(考察、提言、警告、反省シリーズ)  もう一回、「のりぴー」について書く。なお、「シリーズ区分」には反省を加えます。  2回目の記事を書いた後、「のりぴー」に、警視庁が逮捕状を取ったという、ニュースが流れた。その可能性については、一番最初の記事で  「のりぴー」ご無事で!!(考察…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! 「のりぴー」ご無事で!!続報(考察、提言、警告シリーズ)

   「のりぴー」ご無事で!!続報(考察、提言、警告シリーズ)    「のりピー」失踪事件についてだんだん、状況が判ってきた。如何に「金髪でない馬鹿な豚野郎のメデイア」の報道がいいかげんなものであるか、その点に焦点を合わせ、この記事を書く。  先ず、前の記事  「のりぴー」ご無事で!!(考察、提言シリーズ)  2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あとであつく! 「のりぴー」ご無事で!!(考察、提言シリーズ)

     「のりぴー」ご無事で!!(考察、提言シリーズ)  今回の麻薬所持の逮捕事件と彼女の家出問題を記事に書こうと思ったのは、「のりぴー」という名前を、学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗が、知っていたことが直接の動機だが、併せて、夫婦のあり方にかかわっていると思ったことである。  騒動になって、放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ああとにあつく! さようならマイケル、ジャックソン(考察シリーズ)

      さようならマイケル、ジャックソン(考察シリーズ)  4、5歳のとき住居が、田舎で、一時祖父母のところに移った。家の前には畑越しに「悦ちゃん」の家があった。  「悦ちゃん」の家の、冬の陽だまりの縁側で、二人は何時も他愛の無い歌を唄って過ごした。意識はしていなかったが、二人は、将来、「歌唄い」になることを夢見ていたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more