#山田広報官辞職、そして、その事情。

 何回かこのブログで記事を書いた森元総理発言について、このブログの結論を出した。同様に、山田広報官についても記事を書いているのでこのブログでの結論を出しておきたい。

 彼女については、安倍前総理が秘書官にして内閣の中に取り込んでいる。ひょっとすると、一次安倍政権時、菅総理は放送関係を担当する総務大臣に任命されているので菅総理がかかわっている可能性もある。

 彼女は優秀な能力があり、また、意欲のある女性官僚である。「総理会見」の時その現場を仕切っており、見事な采配ぶりについていつも感心していた。

 そして、悪いことには菅総理の長男の正剛氏が宇宙通信などを手掛けている東北新社に努めており、従って、利害関係者としての位置づけとなり総務官僚と飲み食いすることは禁じられているのである。

 立憲民主や共産党は「総務官僚」を予算委員会に呼び、痛めつけていたのである。また、彼女も同様に委員会に呼び痛めつけていたのである。しかも、皮相的なメディアは彼女一人で700万円の接待を受けたとし、非常に高額のワインを

"#山田広報官辞職、そして、その事情。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント