振出しに戻ったオリンピック組織委員会の会長選び。

 正に老害と言ってい良いであろう。森前会長と推薦を受けた川淵三郎氏のお二人は話し合いながら涙を流したという。そして、森前会長は意味もないのに発言し時間が長くなるという「女性蔑視発言」について、政治的に利用された旨語っている。

 また、川淵氏は大阪の高石市出身であり、直接、言葉を交わしたことは無かったが学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の在任した支店の存在場所であったから懐かしい感じがした。

 さて、後継者のことだが、同委員会の理事である御手洗富士夫氏が長となった「選考検討委員会」で選定するするという。

 後継者の候補については、女性である橋本聖子現担当大臣の名前を挙げる者もいるが、女性に限らない適任者を選べとの意見もある。しかし、IOCバッハ委員長は、任せると言っておきながら弁を翻(ひるがえした)こともあり、同氏に位負けしない、大学教授のような女性アスリートが最適任であろう。

 森前会長に同調してきた武藤事務局長は今までの経緯を知悉しており、着任する女性アスリ-トには何の不安もないのである。菅総理も「動いた」との政治的観測もあり、表に出てさばいてはどうであろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。





"振出しに戻ったオリンピック組織委員会の会長選び。" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント