大阪の住民投票に反対するな。

 最初に結論を書いておこう。前にも書いたが、真意は東京の一極集中を排し日本を二極化して日本の更なる発展に資することに意義があるのだ。このことについては、新政権を発した菅総理も承知しているのだと、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗は推測している。

 また、大阪市長の松井氏は、特に、菅総理と懇意であると言われている。また、松井氏は賛意が得られなかったら「政治家を辞める」とまで断言している。ところが「毎日、朝日系」メデイアはこぞって疑問を呈しているが、何故反対しているのかその意が解らない。

 住民投票は一度否決されたが、今回について、もし、否決するようなことがあれば大阪市民や府民は「大馬鹿者」であると笑われるであろう。前回の時は、大阪が無くなってしまうとの悪質なプロパガンダに騙(だま)されたが、この愚を繰り返してはならないのである。

 ひょっとしたら否決されるかもしれないと心配になったので記事にしました。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。


"大阪の住民投票に反対するな。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント