緊急事態の出口戦略について

 緊急事態の出口戦略について大阪府の吉村知事と国の西村担当相との間に「やり取り」があり、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の理解では吉村大阪府知事が先に謝り、そこに、世間の「批判」が集まり、上手く収まった。

〇西村担当相の主張(6日)

 要旨だが、要請解除は知事の責任である。

〇吉村知事の主張(7日)

 こちらも、要旨だが、指標を示さぬのは、国の無責任である。

 さて、結論だが、国の西村担当相も吉村大阪府知事も一生懸命なのである。笑い話ではないが、国や大阪にとって分けの判らぬコロナウイルスを相手にしてどうしようかと、寝る間もないであろう、頭が上がらぬ思いである。どうぞ宜しくお願い致します。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。





"緊急事態の出口戦略について" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント