言いたい放題の日産ゴーン被告人、容疑者について、日本の司法制度の具体的な「発信」と処置。

 ゴーン被告、容疑者が逃亡先のレバノンで、記者会見を開いたが(1月8日午後10時、現地時間)、が言いたい報道であった。森法相も異例なことに2回も会見を開いたが説明が抽象的であった。

 ゴーン被告、容疑者の言い分の基本部分をまとめれば、日本の司法制度は弁護士の立ち合いを認めておらない等出鱈目である、となるのである。また、「地検」も英文で説明したようで、まだ読んでいないが、どうせ、森法相と同様で抽象的なものであろう。

 従って、外国にもわかるよう、弁護士の立ち合いは認めていないが、「可視化」など、現在の日本の司法制度を具体的に説明すべきである。つまり、調書には署名、押印もいるし、有罪率は高いが起訴猶予制度などもある、である。

 更に、ゴーン被告人、容疑者は、日本は当事国であるにもかかわらず、会見には日本の「三社」しか認めず、質問も制限したのである。

 終わるが、裁判には欧米などと同様に被害者なども参加し、弁護士はいつでも面会出来ること等、可能な限り日本の司法制度について具体的に世界に再発信すべきではないだろうか。

 そして、ゴーン被告人、容疑者は、三つの国の国籍を持っているようである。「放送用具箱」に忍び込むなど恥も外聞も構わぬ男が日産の莫大な収益について恣意にしていたのである。

 「地検」、警察は専従班を設置し、常時監視し、また、痩せても枯れても日本は世界第三位の大国である、あらゆる手段を講じ身柄を確保すべきではないだろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。






"言いたい放題の日産ゴーン被告人、容疑者について、日本の司法制度の具体的な「発信」と処置。" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント