あゝとに熱く!秘密保護法案、自民党石破幹事長ブログ(考察シリーズ)

 秘密保護法案、自民党石破幹事長ブログ(考察シリーズ)

 自民党石破幹事長が、国会前の「デモ(示威)」について、「テロ行為と本質において余り変わらない」と書いて、批判を受けると「本来あるべき民主主語の手法と異なる」と訂正した。どうせ、推測だが、最初に火をつけたのは朝日か赤旗であろう。

 最も、テロとは一般的に、「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」は、尊く涙が流れてくる「特攻行為」と思っているのだが、そして。今のテロとは本質的に違うが、日本の「特攻隊員の自爆」と同様な行為、と考えられている。

 上の意味からいえば、常時、国会前にたむろして騒ぎ立てている輩は自爆するような決意もないのだが、石破氏は筆が走りすぎていた、と言っても良いであろう。一般的な意味だが、国会前に、常時たむるする輩に自爆せよ、と言ったら逃げ出すような柔な「教条的、職業的、反核的左翼野郎」が大部分であろう。

 テロも「秘密保護の範疇」に入っているが、ひょとすると、自爆とは違う概念が入っているかも知れないが、調べるのは消落します。もしそうであるならば、上の「石破記事」の表現はそうそうは承認出来るものであるかもしれない。

 また、下の記事には書いていないが、このブログで、「国会前デモ野郎」が共産党のゼッケンを付けていた。と書いたら最近の「反核、左翼野郎」は、どうやらその種のゼッケンはTVの画面で探しているのだが、外したようである。

 さて、国会であるが、野党5党?がバカ面さげて会合など開き「問題にする」等と決め委員会で質問する有様だ。審議期間を長くしろと言いながら、無駄な時間を浪費しているのである。これは、正に、漫画の世界といって良いであろう。漫画家の諸君失礼。

○ 国家機密保護、国会、マスメデイアは茶番を止めよ(考察シリーズ)
   << 作成日時 : 2013/11/27 04:05 >>
http://39383054.at.webry.info/201311/article_22.html

○ 秘密保護法案は当たり前、「明確なスパイ防止法案」を作れ(考察シリーズ)
  << 作成日時 : 2013/10/19 12:54 >>
http://39383054.at.webry.info/201310/article_20.html

 (この項おわり)

"あゝとに熱く!秘密保護法案、自民党石破幹事長ブログ(考察シリーズ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント