あゝとに熱く!オスプレイ、辺野古、沖縄県人どうするのだ(考察シリーズ)

 オスプレイ、辺野古、沖縄県人どうするのだ(考察シリーズ)

 沖縄の市町村長とその議会がオスプレイ、辺野古反対で安倍総理と小野寺防衛大臣を訪れ、「どっちもも駄目だ」、と陳情したそうだ。小野寺防衛大臣は辺野古へは移設する、オスプレイには、その飛行での約束違反があったので是正を伝えている、旨返答したそうだ。お見事である。

 「学者でもなく、文章を売ってもいない、市井人の不肖、今唐加太朗」であれば、腹心の政務官なりを陪席させ、マスコミの撮影が終わった後、一発、カマシを入れるようなことを考えるが、優しそうな大臣はそんな芝居はしないのであろう。

 また、不肖、今唐は元米国日本部長、ケヴィン・K・メア 舌禍(本音、今唐)事件を思い出す。

○、「日本人は、和の文化を強請り?の手段に使う」「沖縄は日本政府に対するごまかしとゆすりの名人でゴーヤーも栽培できないほど怠惰」といった発言をしていたと2011年3月に報道される[25][2

 上の内容を確認したかったので、ウイキペディァで調べてみたら、下に示したが沢山あって、ビックリした。(丸付きがウイキペディァです)

○「普天間は特別ではない。飛行場として特に危ないとは思わない」[21]。また2010年、「(住宅地に近い)福岡空港や伊丹空港も同様に危険」と反論。[22]。

○「日本の安全保障に貢献している米海軍の入港になぜ反対するのか理解しにくい」[21

○沖縄県警察が事故ヘリの整備員の氏名開示を求めたが米側が応じなかったことについて「米側が調査し原因は分かっているのに、整備員の名前を聞いて何を調査したいのか疑問だ。事故が起きない方の努力が大事だ」[21]。

○沖縄県警察が事故ヘリの整備員の氏名開示を求めたが米側が応じなかったことについて「米側が調査し原因は分かっているのに、整備員の名前を聞いて何を調査したいのか疑問だ。事故が起きない方の努力が大事だ」[21]。

○米兵女子中学生暴行事件についての市民団体の抗議活動に対応せず外食。「不当な抗議行動をする方と会っても冷静な議論はできないと考えた」

○日米地位協定見直しを「ある政治家と団体が政治的に利用し、政争の具にしようとしていることは非常に残念だ」、

○基地外居住者の実態把握のため外国人登録を義務化する案について「日本の防衛に貢献するため命を犠牲にする用意がある人に、日本に税金を払う義務を課す主張があるのは不思議だ」との発言を行なっている[

○普天間飛行場がアメリカ軍の安全基準に違反するとの市長・伊波洋一の指摘に「基地外の建設を制御する安全基準で、なぜ滑走路の近くの基地外に、宜野湾市が建設を許しているのかわからない。

 その発言は、極めて率直で、沖縄の皆さんには失礼だが、面白い。彼は在沖縄総領事もしていてその時の発言が多いようである。もっとあるので興味のある方はウイキペディァをご覧下さい。米国の本音が伺えるであろう。

 不肖、今唐が思ったのは、沖縄県を挙げて、自民党の安倍政権に変わった機会を捉え、「ごまかしとゆすりの名人」を発揮したのであろうか、とも思ったので調べる気になったのである。

 沖縄県人は本当にどう思っているのであろうか。前に不肖、今唐は記事に書いたが、中国とやって行きたいのであろうか。日本や米国もNOであろう、つまり、独立してであろうから、フイリッピンのおように米国は許してくれないであろう。キューバのようになるであろう。

 辺野古に移設すれば、南部の基地や普天間は返ってくるのであるから、良い話であろうに。ヤッパリ、「ごまかしとゆすりの名人」でべらぼうな基地の土地代を取っているのに、返還時に、更に名目をつけて、なんとかしたいのであろうか。

 沖縄県人が本当に良く判らない。

 (この項おわり)

"あゝとに熱く!オスプレイ、辺野古、沖縄県人どうするのだ(考察シリーズ)" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント