#未曾有(みぞう)の「東日本大震災」から何を学ぶか。

 あれから10年です。遠く離れた関西の、大阪の地にあって、残念ながら学んだものは、何もありません。真っ先に思い出すことは、東京まですっ飛んで行って、はっきり記憶が残っていることは、レンタカーを借りて福島県か、宮城県かの被災の地を走ったことです。

 被災に合われた皆様や、お亡くなりになった皆様に深甚なるお悔やみを申し上げます。

 その時の記憶では、ただ、がれきの荒野の中に、一軒だけぽつりと、新築の家が建っていたことが「すごい」との鮮烈な印象で残っています。

 それから、当時野党の政権で、菅総理すごく怒っていてどこかに怒鳴り込んだこと、もうお亡くなりになりましたが現場の発電所の「所長」が、同様に、怒ったことも記憶に残っています。

 今朝のNHKでは、「逃げろ」「逃げろ」と地域の役員の方々が声を出しながらけ回っている様子が報道されておりました。また、専門家の先生方の貴重な沢山の声もあります。

 「地震大国」の日本ではこれらの貴重な遺産を引き継いでいかなければなりません。参議院で言われぬ攻撃を受け続けている菅総理も「再生なければ復興なし」旨宣言しています。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント