#ミャンマ-の状況、真相。

 ミャンマ-は「少数の他民族が多数存在す 」国家である。そして、それぞれが反政府武装組織」を持っており、それが、ウイグルと称され200ともいわれる。

 ひょっとすると、地理的には中国と接する部分が大きい国家でもあるので、最近の政治状況から中国の影響があるかもしれないのだ。

 それに。例によって隔離されているスー、チ-女史も上の少数民族には冷淡である。

 3月29日の産経紙は「日本、人権外交に限界。制裁処置の、法規定なく」と大見出しを打っている。全く、メデイアは皮相的であるのだ、「真の取材」を尽くせと言いたい。

 これに先立つ、3月27日には米国、日本などの12か国の「軍関係トップ」が「丸腰の市民を殺害するな、守る責任がある」、と声明を発している。「ミャンマ-軍」には目に余る他の事情があるのかもしれないが。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント