#森元総理、オリンピック組織委員会委員長の発言について。

 産経紙(2月28日)に寄稿で国際基督教大学教授、森本あんり氏の「現代日本の不寛容論、the考」が載った。確か、このブログでも2回程(ほど)書いたが、最後として結論を出しておきたい。

 彼の発言の要旨は、「理事の中に女性がいると一人が発言すると発言が続き、長い時間がかかる」旨のものであった。そして、批判を浴びた彼は、発言を撤回し謝罪したが、政策的な意図と誤解があるとも述べている。

 要は、森氏は、述べたこの事実を事実として実感していたのだろう。繰り返すが、つまりは、これだけの話であって、何も大げさに取り上げて大騒動する必要はなかったのである。

 繰り返せば、男と女は、人類としてセックスを行い、どちらが上か下かその時の都合で決めて、女性が受胎し、人類を紐解(ひもとき)続ける。つまり、これだけの差があることは間違いない。

 現役であることは不可能であると推測するが、森氏もこの程度の認識で語ったに違いないのだ。日本人としては、これがこのブログの結論だ。アスリ-トは懸命な努力を続けている、何とかオリンピックは開催させてやりたいものだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント