新型コロナ第三波を乗り切る。

 どうやら大阪と東京では三波の傾向が違うようだ。「電波メデイア(野暮なコメンテ-タ-含む)」が大騒ぎするから東京と大阪が喧嘩してる、或いは、東京都の小池知事が駄々をこねている、と思ったが、そうではないようなのだ。

 その原因は、こわばっていた小池知事の態度にもあるかもしれないのだ、だが、知事はこの厄介な新型コロナに辟易(へきえき)していたのかもしれないのだ。

 そして、認識しておくべき基本は、「基本的法律」を作るのは国会、国の役割であるが、「保健所などの事務」は、どうやら、地方自治体の役割だ、ということである。

 ひょっとしたら知事は国の役割に、例えば、強制的制限の不備、つまり、要請・お願いだけの曖昧(あいまい)な態度に腹を立てているのかもしれない。兎角、強い女性は男性より直感的に強いところがあるのだ。

 菅政権は、そろそろ「マスク法」は別にして、罰金付きの「ロックダウン法」を作っておく必要があるかもしれないのだ。そして、今回の三波の大阪の発生傾向は大きく増加しているが、東京はそうでもないということなのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント