住民投票不賛成、大阪市民の愚かさを憂う、自民党市議団などの狡猾さ。

 大阪維新の会による住民投票が否決された残念でならない。題名に書いたが、強調するため、もう一度書いておく。「住民投票不賛成、大阪市民の愚かさを憂う、自民党市議団などの狡猾さ。」

 一つ、自民党市議団などは「澪標(みおつくし、市標)」が崩れ落ちるビラなどを示し、大阪市は無くならないのに、無くなってしまうようにプロパガンダを故意にながした。

 二つ、区役所が4っつにまとまるが、反対した市民のほとんどは、まとまった4区役所で選挙が行われることを理解していないだろう。

 三つ、大阪維新の会は「二重行政による無駄を省く」ことを強調しすぎた。

 四つ、ブログを書くのに気を使ったが、意図しないのに、「大阪市が変化する意味で、大阪市が無くなる」、と表現してしまうことがあり、今朝のNHKのニュ-ㇲもそうであった。

 「大阪市の改造」が進めば、東京一極集中を排し、日本列島の二極化にも貢献しさらなる日本の発展にも寄与できた筈である、残念でならない。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス ナイス

この記事へのコメント