橋下氏はすごい、「日本学術会議問題」での論評、3対一で負けていない。

 橋下氏は最近よくテレビに出ているが、出ていた番組は「報道1930(BS、TBS)」である。この番組については、一度このブログに書いた。つまり、報道1930と「BSプライムニュ-ㇲ(8S、フジテレビ)」はいつも見ていると。そして、書いてはいなかったが、前の番組は左翼的である。

 題名に書いたが、テーマは「日本学術会議問題」である。出演者は、広渡元日本学術会議会長(東大名誉教授)と堤コメンテ-タ-、司会は松原氏である。松原氏は、3体1と題名に書いたが、中立的な立場をとらずに橋下氏を追求するのである。

 そしてこの問題は、究極的には、現在の日本憲法にかかわっており、このブログに何回も書いたが、また、安倍前総理だけが理解していると書いたが、現憲法が抱えている「9条問題」にもつながっているのである。

 要約すれば、敗戦後の日本を統治した連合国マッカサ-司令長官が与えた「平和主義的憲法問題」に帰結するのである。つまり、日本はそれを騙して自衛隊(軍隊)持てるようにしたのである。このことは、当時の内務官僚でその作業にかかわり、後に、憲法学者となった佐藤氏の著作を見れば明らかである。
 つまり、結論的には、左翼であるか、右翼であるか、の思想性の問題にかかわってくるのである。

 さて、橋本氏は今度の選挙に出るのであろうか。本人は出ないと言っているが、政治家になるよりはメデイアから発言した方が日本のためになると思います。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント