太田光(爆笑問題)の大馬鹿野郎、奥さん(事務所社長)もあきれたそうだ。

 中央大学の芸術学部への不正入試問題である。彼の父親が800万円かを大学関係者に渡し、不正入試させた、と週刊新潮が記事にした裁判での出来事である。

 だいぶ前の話のようだが日本の裁判は、何故か、忘れたころ裁判をするので、別に驚かない。

 彼はテレビの「自分の番組」に出た時のように、馬鹿なしぐさや関係のない俳優の名前をささやくなど、おどけまわったのである。

 本当は、頭は良いのであろうが、裁判官、裁判所と言えば「日本の最高の権威」と言ってもよい。場所を心得なければいけないと考えます。相方の田中裕二君も眉をひそめたであろう。

 多分、膨大な日銭も入るので、舞い上がって世間、つまりは、裁判所や裁判官を甘く見ていたのであろう。そして、結局、彼は中退しているのだそうである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント