人間AI、藤井聡太2冠、万歳。

 間違っているかも知れないが、そうであれば御免なさい。

 学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の理解にによれば、「AI」とはある事柄にテ-マを定めて、膨大な資料を集約して結論を導くものではないだろうか。

 であるならば、彼は、今、将棋界の最年少記録を塗り替え続けてがいるが、将棋界のすべての記録を塗り替えるであろう。

 また、将棋界の重鎮である加藤一二三氏の彼に対する評価の言葉を、調べてみてください。世間の一部にはその容貌からであろう「面白がっている人」もいるが、何と美しい言葉であろうか。

 彼も、また、人間AIであったかもしれないのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント