官僚の「身分制度」の難しさ(河井前法相問題)

 一見、一番偉そうな大臣も、場合によってはそうではないようだ。つまり、官僚組織そのものが目茶苦茶(めちゃくちゃ)になりそうな場合は、組織そののもが働くようなのだ。

 実にややこしく、安倍総理や交代していた法相が指示したわけではないのだ。

 安倍総理がそのところを細部まで理解していたかどうかは不明である。一部を除き野党も、当然、そうだが、公明党でさえ怪しいものだ。

 結論は「検事」そのものの自覚なのであろう。確か、広島区権の事件であるのに東京地検が乗り出して来て、合同捜査をしている筈だ。そして、河合克行氏も安理女史も否認しているそうだが、ある意味そうであっても止むをえないであろう。

 つまり、国会議員、政治家は選良だからだ。但し、時には、民意が誤ることもあるから注意が必要である。今回のように、やせても枯れても日本の官僚が支えてくれるか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント