大阪都市構想案が可決される、やっと、日本の二極化による大躍進が始まるのだ。

 中国には、一度、日清戦争には、一度、勝利したが、その後、アメリカとの戦争(大東亜戦争)に負け、良いのか悪いのか「日本は明確な民主主義国家」に生まれ変わった。

 そして、周政権下の中国とは、一見、グロ-バル下による緊密な経済関係などによって、小競り合い的押し込みは受けているが、何気ない日々が流れ去っている。

 だが油断してはならないのである。習近平政権下の中国は、まさか、日誌戦争の仇をとるとは言わないだろうが、共産主義独裁体制下での膨張を屁理屈をつけて、しばらくの間は、続けるであろうからだ。

 これが、日本の二極化による大躍進をとはげなければならな理由なのだ。つまり、中国に対抗できる国にしておくべき理由なのである。さて、具体論に移ろう。

 日本民族は優秀であると言って良い。そして、人口も、国土も中国に比較すれば矮小であることは事実である。だが、一極集中を廃止して、少子高齢化に竿を立て、日本国土の隅々まで活用し、一見出遅れているなども活用など日本の勃興を図るのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント