新型コロナウイルスについての記事の訂正とソ―シアルメディアの傾向について。

 学者でもなく専門家でもない今唐加太朗は、こブログの記事を書く時、内容の確認のためネットで検索するが、最近、ヘイクニュース的な内容が多いとことに気付いたのです。今頃急に何んだ、と感ずる読者の皆さんも多いと思いますが、年齢も今年80歳を迎えますのでボケの傾向があると自覚しております。

 短期的、短絡的な理由としてはNHKが朝の長い時間ニュースを流してくれているので、それを見ていたことも考えられます。但し、NHKがヘイクニュースを垂れ流していると言う意味ではありません。以前はBSなど目まぐるしく聴取内容を変えていました。

 さて、具体的な記事内容に移りますが、新型コロナウイルス、クルーズ船についての記事で、神戸大医学部研究科感染症内科、教授岩田健太郎氏についてこのブログに書いたのですが、「BBC」の取材に応じた、と書いたのですが、間違いだったのです。

 実際は、岩田氏がユーチューブで公開していたのです。

 その内容は、個人的見解であるとした上で、レッドゾーンとグリーンゾーンの鉄則が守られておらずプロの感染症対策家が一人もいない、等としていたのであるが、それについて、今では、本人が消去してるのである。

 読者の皆さんはこのブログの記事を読んで下さい。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント