朝鮮半島(韓国、北朝鮮)の核化の傾向に我が国としても真剣に対処するべきである。

 米国のトランプ政権がイランのソレイマニ司令官(コッズ部隊、革命防衛隊の精鋭の長)を無人攻撃機で殺害したことについて批判もあるそうだ。我が国はイランの石油に依存しているし関係も深いので当然だろう。  だが、この司令官の殺害ついては、ブッシュ大統領(息子)からの課題であった。そして、殺害があってもイランは本格的な反撃に出ることは無いであ…
コメント:0

続きを読むread more

「安保条約」60周年を迎える日本はどうあるべきか。

 昨日(令和2年1月19日)、政府主催の会合が開かれたようだ。トランプ大統領から祝辞も寄せられ、臨時代理大使も出席したようだ。先ず、基本は、日本にとっては、中国、ロシア等の存在や日本の地勢的条件からも絶対に守るべきであるということだ。  つまり、アメリカの今の大統領トランプ氏のような人物がアメリカの大統領となることがあるので、頭にきて…
コメント:0

続きを読むread more

自民党員若手は安倍一強に甘えるな、憲法改正の仕事をなしとげよ。

 憲政史上最長の安倍政権も残り少なくなってきた。彼の真意は憲法改正にあるのではなかろうか、アメリカ、連合国マッカーサー司令官から押し付けられた恥辱に塗(まみれた)憲法は、当時の憲法学者によって、何とか、格好はつけられ、一応、そのままでも、使えるようには仕立てられてはいるが、本来は真正に作り直さねばならないものだ。  このことは学者でも…
コメント:0

続きを読むread more

大相撲、二日目、白鵬引退か、遠藤お見事、張り手を食ったが、あの会場の湧きようを見よ。

 白鵬の張り手については、学者でもなく専門家でもない今唐加太朗のこのブログではしばしば書いてきた。  先日、ある友人と相撲がそろそろ始まる、との話をして、上のことに触れたら友人は、彼は横綱の資格がない、と断定した。品格がない、とも言うのだ。  それで、彼の張り手について、真剣になったらモンゴルの血にもどってしまうのだろう、と言ったら…
コメント:0

続きを読むread more

言いたい放題の日産ゴーン被告人、容疑者について、日本の司法制度の具体的な「発信」と処置。

 ゴーン被告、容疑者が逃亡先のレバノンで、記者会見を開いたが(1月8日午後10時、現地時間)、が言いたい報道であった。森法相も異例なことに2回も会見を開いたが説明が抽象的であった。  ゴーン被告、容疑者の言い分の基本部分をまとめれば、日本の司法制度は弁護士の立ち合いを認めておらない等出鱈目である、となるのである。また、「地検」も英文で…
コメント:0

続きを読むread more

極悪人、日産を乗っ取ったゴーン被告、容疑者の本質、「他人の物は自分の物、唯我独尊」。

 今、報道はゴーン被告、容疑者のニュースで持ちきりである。それはそうであろう。  まるで、「娯楽小説」のように保釈中の被告、容疑者がアメリカの特殊工作部隊上がりが経営する会社などを利用し、「楽器収納箱」に潜り込むなどして、また、ベラボウに高額な金を支払い、ウマウマとはるか中東のレバノンにまで逃げ込んだからだ。  そして、今夜(令和2…
コメント:0

続きを読むread more

野党合同について

 立憲民主党と国民民主党との「合同協議」は旨くいっていないようだ。どうも、立憲民主党の枝野さんが「強行」であるようだ。  学者でもなく専門家でもない今唐加太朗の見立てでは立憲民主党の枝野さんが障害となっているようだ。枝野さんは共産党に近いのであろう。それに、これは推察だが、日本に限らないが、共産党は「潜入工作」という手法はお手のものだ…
コメント:0

続きを読むread more

令和2年の課題、日本の進むべき方向、中国、韓国には当然、EUにも負けてはならない。

 正月休みで酔っているので、以下に箇条書きで書き出す。  第一、検察、警察、外交当局は、ゴーン容疑者について、日本国民が真面目に働いて得た財貨を取り返す意味においても、全力を上げ、「世界手配」などを通じ、日本に身柄を取り戻すこと。  第二、準備はしているだろうが、日本も「宇宙軍」を創設するよう準備すべきで、早期の完成を目指すこと。 …
コメント:0

続きを読むread more

令和2年の元旦を寿(ことほぎ)皆様にご祝辞をもうしあげます。

 多事多難が予測される令和2年について国民一同がそれぞれに力を出し合い乗り越えていくよう頑張りましょう。  突然ではあったが、元日産のゴーン容疑者が国外に逃げ出しました。検察は年明け早々ですが、予想される彼の被疑事実について逮捕状を取り「世界手配」をお願いします。  外務当局もあらゆる手段を講じ、レバノンから、身柄の返還を受けるよう…
コメント:0

続きを読むread more