自民党員若手は安倍一強に甘えるな、憲法改正の仕事をなしとげよ。

 憲政史上最長の安倍政権も残り少なくなってきた。彼の真意は憲法改正にあるのではなかろうか、アメリカ、連合国マッカーサー司令官から押し付けられた恥辱に塗(まみれた)憲法は、当時の憲法学者によって、何とか、格好はつけられ、一応、そのままでも、使えるようには仕立てられてはいるが、本来は真正に作り直さねばならないものだ。

 このことは学者でもなく専門家でもない今唐加太朗ではあるが、しばしば、このブログのネタにしてきた。

 であるのに、憲法審査会の議論は遅々として進まない。このような「欺瞞に満ちた憲法」にしがみついている国は稀有であり、民主主義の国としてはあるまじきことであると言ってよい。

 つまり、この原因は政治家の責任である、と言ってもよいのだ。

 既に、逮捕されている秋元司、白須加貴樹容疑者など、また、河合杏里(参議院)、克幸(衆議院、法相)などは自民党員でありながら安倍総理の足を引っ張ているのである。

 また、政略ばかりにこだわり、大局を離れ、細かいところを突きまくるのが得意な野党も控えており実に嘆かわしい限りである。安倍総理にに、憲法改正の途をつけさせてあげたいのである

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント