司法関係者、特に、裁判官と検察官は拘留が取り消された「容疑者逃走事件」について反省すべきだ、なお、弁護士も。

 最近、逮捕されたが、拘留が解除されて保釈された容疑者が呼び出しに応じず裁判が停滞してしまい、その為であろうが、連行中の容疑者が逃走してしまう事件が多発しているようだ。  従って、先ず、裁判官であるが、「むやみやたら」に、拘留を解除してはならないと思う。容疑者の犯歴、人物像などを見極めて判断すべきである。調べないが「刑事訴訟規則」にそ…
コメント:0

続きを読むread more