憲法調査会がやっと動いたようだ、野党も自民党もは相変わらずバカなことを言っている、一刻も早く改正すべきだ。

 元々、今の憲法は、大東亜戦争敗戦後、日本に駐留した連合国(アメリカのマッカーサー司令官)が原案を作り、日本国に押し付けたものを基礎にして作られているのだ。

 すなわち、題名にも入れたが、一刻も早く改正すべきなのだ。

 不磨(ふま)の大典、大日本帝国憲法でも、良く調べないが、軍部の専横を防ぐ民主主義的な国政運営は可能であると宮沢敏義(東大憲法学者)等は言っていた筈なのである。

 そして、大東亜戦争での日本の敗戦が色濃くなった頃、官僚で後の憲法学者、佐藤達夫氏を世話役として新しい日本国憲法を準備していたのである。ところがそれは連合国からダメ出しを食(く)ってしまったのである。

 つまり、日本などには軍隊を持たしてはならないと言う考え方からなのだ。日本国の「憲法準備委員」に入っていた大石義男(憲法学者)先生なども苦労して、今の、憲法9条を作ったのである。

 そして、9条2項の「交戦権はこれは持たない」の交戦権は、ジュネーブ条約上の捕虜の権利と解釈したのである。また、このことは記事としてこのブログに何回も書いている。

 残念だが、理解しているのは安倍総理ぐらいであると言っても良いのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント