横綱、大鵬よ「王道」を知れ、日本には、正々堂々と真剣勝負をする、と言う言葉もある。

 場合によっては、相撲、の決まり手として許されていても、横綱の場合はおいては禁じ手となることがある。それは「張り手」である。何故なら、題名で、少し、触れたが横綱は力士で最高位にあり、正々堂々の王道を歩まねばならないからだ。

 そして、相撲は神技でもあるからだ。

 だいぶ前の話になるが、横綱審議会の委員長を、名前は忘れたが、確か、女性が務めていたことがあった。そして、彼女が大鵬の張り手は似合わない、と語ったことがあったのだ。端的に言えば「張り手」はするな語ったのだ。

 その頃、巡業中であったが、土俵上で力士が怪我をして観戦中の看護婦さんが、2名、思わずであろう土俵に駆け上がり手当をして、女性が土俵に上がったと問題になったことがあり、そのことに関係があって、ひょっとすると女性の委員長が選ばれたのかも知れないのだ。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗の記憶では大鵬は、しばらく張り手を使わなかったと思う。だが、最近では、使い放題である。

 NHKで解説をする「舞の海」氏や「北の富士」氏は何故注意しないのであろうかと思います。もし、上のことを知らないのであれば解説者としての資格はありません。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント