IOC(オリンピック委員会)の専横を許すな、マラソンを「札幌開催」に、決めた次第を明らかにせよ。

 今回の開催場所の変更については、東京都(小池知事)が怒るのは当然である。IOC(国際オリンピック委員会)が専横に過ぎる。従って、次の事を提言する。

 一つ、開催については、規約上、IOC(オリンピック国際委員会)が決定することになっているようであるが、それを改め、IOC(本部)、JOC(支部)、開催都市との三者が決定するようにしたらどうか。

 二つ、東京都(小池知事)は、今回のIOC(本部)の「札幌変更」に至った経緯を知らべ、あるいは、IOC(本部)から説明を受け公表して下さい。

 三つ、上の中において、何らかの瑕疵があれば担当者、責任者の処分を明らかにすべきでである。必要あればスポーツ庁が、例によって「第三者委員会」を設置すべきである。最近の責任者は、自から責任を取らない傾向が酷(ひど)い。

 森元総理はBSフジの同じテーマの番組に出席していたが、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗の推測であるが、居座る可能性がある。どうぞ、今後は引退されて健康に留意して下さい。

 四つ、札幌移転が決まった場合の費用負担(東京都の暑さ対策費用の弁済も含む)は、どうやら、書かれた規定はないようであるから、決定権者IOC(本部)から支出させてく下さい。

 今日、最終の協議があるようであるので東京都(小池知事)頑張って下さい。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント