東京オリンピック、マラソン実施会場は東京を貫け、JOCは何をしていたのだ、森委員長は交代しろ。

 開催場所の札幌変更について来日したIOCのジョン・コーツ調整委員長は「既に決定済み」との頑迷な態度を貫いたようだが、30日に行われる調整会議には、都知事が出席して強硬に東京開催との主張を貫いたらどうであろうか。

 確か、開催場所は開催都市に限る、との原則があった筈である。その為、東京都が提案した「復興開催場所」としての宮城県での競艇の実施は蹴られた筈である。

 また、今回の札幌への偏向については、事前にJOCの森会長には説明があり、推測ではあるが、森会長が都派遣事務局員への伝達を失念したのであろう。ことをテーマにしたBSフジの番組(プライムニュース)を見て、そのような印象を持った。

 であるなら、森会長も知事に「随行」して事情を説明し、既に、実施中であろうが熱吸収舗装に併せ、可能な限りの早い時間での開催や単距離ででの「仮設冷却のシャワー区間」の設置などを説明したらどうであろうか。

 併せて、可能な限りのIOCからの資金援助を要請したらどうであろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント