日本の防衛力は矢張り一流だ。凄(すご)い。久しぶりに一泊旅行で浜松広報館(航空自衛隊)に行って来た。

 先ず、憲法改正についてついて触れておこう。9条については、是非とも、触れておかなければならない。安倍内閣によって、やっと集団自衛権が法制化された。安倍総理の大きな功績と言って良い。不自由だけれど、当分は、これでも我慢できる。  次に、その理由を述べておく。  日本が大東亜戦争(文科省によれば、馬鹿みたいな、太平洋戦争)を始めたのは…
コメント:0

続きを読むread more

中東情勢が緊迫しているようだ、安倍総理大丈夫か、有志連合はどうする。

 米国はサウジアラビアに軍を増派し、アラブ首長国連合(UAE)には兵器供与をするようだ。どうも、サウジアラビアをミサイルやドローンで攻撃したのはリビアからではなかったようだ。そして、エスパー国防長官は、全く防衛的なものである、と説明したが、サウジアラビアに備えていた防空システムが機能しなかったことには危惧を示したそうだ。  さて、安倍…
コメント:0

続きを読むread more

今朝のニュースでは、大学生たちは動き始めた、少年少女達はまだか、地球温暖化防止。

 スエ―デン人のクレタ・トゥーンベリーさんと言う少女が、ポーランドでのCOP24やロンドンのマーブルアーチでの地球温暖化防止活動に参加し、その環(わ)が世界に広がっているそうだ。  来年、80歳を迎える学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗が言うべきことではないが、脱炭素化社会に向けた動きは、日本の少年、少女達には関心がないのであろ…
コメント:0

続きを読むread more

大阪湾に福島原発処理水の放流あり得る、松井大坂市長、吉村大坂知事が表明、小泉環境相が意見を聞きたい。

 東電役員3氏に無罪判決が出た。原告側の、例によって、悲痛な声が流れた。尤も、民事判決と刑事判決の微妙な違いは学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗にも、良くわからないところがある。  「維新の幹部」の2氏の大阪湾放流の発言にはエライところがある。早速、大阪湾の漁業協同組合の幹部が抗議書を手渡していた。  また、韓国の文政権が「い…
コメント:0

続きを読むread more

千葉県の停電など基本的インフラ整備の惨状と地球温暖化の影響について。

 千葉県の災害についてやっと政府も動き始めた。また、久しぶりに森田知事の顔も見た。東京都の隣なのに台風通過に伴う雨や強風などに伴う惨状は目に余るばかりだ。  さて、またまた、アメリカのトランプ大統領を持ち出さざるを得ないが、アメリカ自身も様々な災害に襲われ大きな被害を出しながら地球温暖化について、日本はそれなりに努力はしているが、「知…
コメント:0

続きを読むread more

ソロモン諸島(国、今唐注)に中国は触手を伸ばしている。

 香港が「大揉め」であるが、中国はソロモン諸島(国、今唐注)についても「大揉め」を起こさせようとしている。香港は2段階であるが、こちらは3段階である。要は、台湾との国交を断絶させようとしているのである。  つまりは、台湾の外交部長が、台湾とソロモン諸島(国、今唐注)が断交すれば、「日、米、豪に打撃を与えることになる」と産経紙に語ったそ…
コメント:0

続きを読むread more

日韓関係の悪化の本質的部分とその解決についての作家佐藤雄氏の一つの提案。

 結論部分から先に述べておこう。元外務官僚分析官、今は作家と称しているが、佐藤雄氏が産経紙(9月15日、大阪版)で述べているが、それは、地政学的に見ると、韓国(北を含む)が反日、排除的な態度を取る原因は、大陸的国家であろとともに海洋国家であるからだそうである。  つまりは、プーチンのロシアとまでは書いていないが、中国の後見を見ているか…
コメント:0

続きを読むread more

日産西川社長とZOZO前沢社長の矜持、格差解消と従業員への思いがあったのか。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗は、西川社長は司法取引したのではないかと見ていたが、どうであろうか、ともあれ、「不正手段」での報酬の増額があったようなのだ、ゴーン容疑者などは、フランスと絡んで、まるで、もくもくと働く大量の労働者が居る、日本の大きな企業を恣意のままに、自己利益専一の為に利用していた。  つまり、金権餓鬼の振舞…
コメント:0

続きを読むread more

安倍総理、総裁の新内閣発足、果たして憲法改正、北方領土返還、拉致問題の解決などについて、果たして何が出来るのか。

 新内閣には、小泉進次郎氏が環境相として入閣した。安倍内閣は第4次内閣として、今日、発足したのである。実に、安倍内閣は様々なことをやり遂げてきた、だが、前途有為な官僚が一名自殺した。  代表的な政治的課題を、三例題名に書いたがその中で、何が果たせる興味がある。産経紙(大阪版)は憲法改正を見出しに掲げているが、学者でもなく専門家でもない…
コメント:0

続きを読むread more

白鵬が日本人になった、本当の親方になれるのか、出身はモンゴル(旧称、元)からだが。

 日本は二重国籍は認めていない筈だ、従って、今の場所を欠場している白鵬が、極東の島国の、濃密な文化的な伝統を持つ相撲の世界で、日本人になれるかどうか、つまり、モンゴル(旧称、元)の文化から脱皮できるのか、どうか、懸念されるのである。  お尻丸出しではあるが、日本的で長い伝統を持つ相撲の世界において、一代限りであるが、部屋を持ち、素晴ら…
コメント:0

続きを読むread more

実子や義理での子殺しが悲惨だ、親は子をい愛(いつく)しみ、慈愛深く育てるのが当然なのだ、人間失格だ。

 「子殺し」が、最近、増えているのか減っているのか調べようとネットで検索したが、複雑、精密に過ぎるのか、よく解(わか)らなかった。警察庁ご参考にして下さい。  いたいけな子殺しの報道がある度に、又か、なんでや、と悲しくなる。当然だが、人道に纏(まつ)わることで、夫婦が関(かか)わっている。そして、あからさまに書くが、お前を殺したろか、…
コメント:0

続きを読むread more

昭和天皇の拝謁記がNHK(日本放送協会、つまり、国営放送なのだぞ!)で初放送された。

 初代宮内庁長官の田島道治氏の昭和天皇(故人は敬称が略せる)との拝謁記が、始めてテレビで放送された。氏の遺族が、NHK(日本放送協会)に寄贈したようで、その拝謁記は、手帳やノートで8冊に及ぶそうである。  興味深く観(み)させてもらいました。だが、残念だが、少し、皮相的なところがあった。解説者たちが若すぎるのである。大東亜戦争(文科省…
コメント:0

続きを読むread more

イギリスのジョンソン首相は何をしたいのか、無条件での、独立国イギリスの確立なのだろうか。

 メイ前首相の時も判らなかったが、今回の時も判らない。  今は、経済でも、政治でも、「グローバルの時代」である。つまり、世界は、協力しなければならないのだ。それなのに、品のない声で訳の分からない総辞職による解散を狙って、すぐEUから離脱したいようなのだ。何故、そうする必要があるのか判らないのだ。  そして、舞台は上院に移った。  …
コメント:0

続きを読むread more

朝鮮半島をどうするか、日本も本気で考えておくべき。

 朝鮮半島を、今、政治的に牛耳(ぎゅうじ)っているのは、一日も早くくたばって欲しい、と学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は願っているが、文政権と共産主義独裁国家の北朝鮮である。  今後、韓国の政治では、しばしばみられる現象が起こるかどうかは疑問だが、なにはともあれ、文政権は間もなく政権交代するであろう。  さて、結論的なことを…
コメント:0

続きを読むread more

台湾の事を考えておく必要がある。

 台湾は克(か)って日本の植民地であった。大きな意味で捉えれば、沖縄(琉球王国)、北海道(アイヌ人占拠地として)、朝鮮半島(李氏朝鮮)も、同じと考えても間違ってはいないであろう。  題名に書いたが、もし、台湾が日本に援助を求めてきた場合を考えておく必要がある。香港デモは収まる様子もなく、昔、台湾と中国は砲撃戦を展開したこともあるのであ…
コメント:0

続きを読むread more

香港デモはいつまで続くのだろうか、そして、中国の民主化は、少しは進んでいるのだろうか。

 「過激派」もいるので、大方とするが、デモの側の要求と香港政府側の対応を、9月1日の産経紙がまとめてくれたので、これを基に考えてみる。  先ず、デモ側〇逃亡犯条例の完全撤回〇デモ暴動(犯か、今唐)認定の取り消し〇警察(側か、今唐)の暴力に関する独立調査委員会の設置〇デモ参加者(逮捕されているか)の釈放〇普通選挙の実現(今は「代理人制」…
コメント:0

続きを読むread more

協力すべき隣国である韓国、文政権は大丈夫か。

 韓国の文政権、最側近のチョ・グク氏の疑惑で、今、韓国が揺れている。そして、検事総長は文大統領が選任した人物である。また、文大統領は「検察改革」を選挙公約に入れていた筈である。最側近のチョ・グク氏は「法務大臣候補」で議会での聴聞会も予定されている。  また、検事総長はチョ・ダク氏の疑惑について捜索を行い、場所については30か所を上回っ…
コメント:0

続きを読むread more