白鵬が日本人になった、本当の親方になれるのか、出身はモンゴル(旧称、元)からだが。

 日本は二重国籍は認めていない筈だ、従って、今の場所を欠場している白鵬が、極東の島国の、濃密な文化的な伝統を持つ相撲の世界で、日本人になれるかどうか、つまり、モンゴル(旧称、元)の文化から脱皮できるのか、どうか、懸念されるのである。

 お尻丸出しではあるが、日本的で長い伝統を持つ相撲の世界において、一代限りであるが、部屋を持ち、素晴らしい力士を育てていくことが出来るのであろうかと、一抹の懸念が生ずるのである。

 白鵬は確かに強い、伝統ある相撲の世界で稀有な強い、歴史に残る横綱である、と言って良い。

 さて、だが、相撲の世界の最高の審議機関である「横綱審議会」の会長から、確か、2、3年前であったが、「張り手は止めろ、横綱は堂々と受けて立つものだ」旨の発言があったのだが、そのことを本人は承知しているのだろうか。

 承知していない、そんなことは無いとは思うが、もし、そうであるならば、「張り手」は禁じ手ではないが、親方がその発言を伝えるべきであったのだ。そして、親方は良く指導すべきであったのだ。

 今場所、初日だが、北勝富士との一番で右手(指骨折)で欠場に至ったが、その時も張り手を使っていたのだ。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗の解釈であるが、恐らく、承知はしているのだろうが、一瞬の勝負の舞台で「モンゴルの血」が瞬時にそうさせるのであろ、と考えます。

 ここで、終わりますが、そろそろ、引退を考え、親方として弟子の育成に当たったらどうであろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント