イギリスのジョンソン首相は何をしたいのか、無条件での、独立国イギリスの確立なのだろうか。

 メイ前首相の時も判らなかったが、今回の時も判らない。

 今は、経済でも、政治でも、「グローバルの時代」である。つまり、世界は、協力しなければならないのだ。それなのに、品のない声で訳の分からない総辞職による解散を狙って、すぐEUから離脱したいようなのだ。何故、そうする必要があるのか判らないのだ。

 そして、舞台は上院に移った。

 今後は、「合意なき離脱」阻止法案の上院での審議を妨害したり、同法案の上院可決後に解散総選挙の前倒し実施を再提案(下院では否決されている)、首相信任案の否決による解散総選挙を狙う、と予想されているのだ。

 メイ前首相の時も、議会は否決ばかりしていて、何が、何やら、さっぱりわからなかった。どうやら、北アイルランドの国境管理問題が絡んでいるようであったが、ジョンソン首相もEUからすぐ離脱したいようなのだが、何を、目的にしているのであろうか。

 つまりは、際限なく押し寄せてくる移民はもう沢山だ、としたいのであろうか。まさか、トランプ大統領と同じような移民排除が目的だとするのであれば、一応は、筋が通るのだが。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント