中東情勢が緊迫しているようだ、安倍総理大丈夫か、有志連合はどうする。

 米国はサウジアラビアに軍を増派し、アラブ首長国連合(UAE)には兵器供与をするようだ。どうも、サウジアラビアをミサイルやドローンで攻撃したのはリビアからではなかったようだ。そして、エスパー国防長官は、全く防衛的なものである、と説明したが、サウジアラビアに備えていた防空システムが機能しなかったことには危惧を示したそうだ。

 さて、安倍総理は、アメリカとの合意はあったのかどうか不明だが、また、会談内容も不明だが、イランの最高指導者ハメネイ師と会談している。そして、「有志連合」に参加するのかどうかの問題もある。

 アメリカのトランプ大統領は、イランの包囲網を呼び懸けているが、国連総会での、ロウハ二大統領との会談予定はないそうだ。更に、北朝鮮の非核化について日韓首脳会談を行うそうだ、ついでに、韓国の文政権について、バカで、無駄で、意味もない抵抗は止めろ、と取り成すつもりは無いだろうか。

 また、中国については、ウイグル人への人権問題を牽制する予定だそうである。

 終わりますが、国連総会では、9月24日午前にブラジル、米国、韓国、フランスが、25日午前には、カナダ、日本、英国の順に一般討論演説を行う予定になっているそうである。つまり、各国にはそれぞれの思惑があり、外交戦の様相を呈して来ているのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント