今朝のニュースでは、大学生たちは動き始めた、少年少女達はまだか、地球温暖化防止。

 スエ―デン人のクレタ・トゥーンベリーさんと言う少女が、ポーランドでのCOP24やロンドンのマーブルアーチでの地球温暖化防止活動に参加し、その環(わ)が世界に広がっているそうだ。

 来年、80歳を迎える学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗が言うべきことではないが、脱炭素化社会に向けた動きは、日本の少年、少女達には関心がないのであろうか。

 近代文明と書けば喜ばせ過ぎになるが、極東の辺地にある日本で、少年、少女達に期待するのは、未だ、少し早すぎるのかも知れない。

 このブログの記事で一度取り上げたが、脱炭素化社会が地球温暖化に関係あるのか、無いのかは長い議論があるようなのである。確か、アメリカのトランプ大統領は無関心なのである、とも書いた。

 そして、「日本はその議論に金を出せ」と主張する「識者、専門家」の論点も紹介した筈である。

 昨夜は、栄光のレインボー会と言う、極く小規模の懇親会に参加し、飲み過ぎていて、次の会合の予定が変更されているメールに、今朝、気付いた始末である。

 また、明日はゴルフである、これから、少し、歩いておこうか。

 思えば、弱小ブログだけで社会の動きに参加したつもりでいることは、意味もなく、情けの無いことであるかも知れないのだ。今の世で、最も悪いことに定義される、テロ集団を援助することに繋(つな)がらないよう、しっかり自戒しておこう。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント