日産西川社長とZOZO前沢社長の矜持、格差解消と従業員への思いがあったのか。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太朗は、西川社長は司法取引したのではないかと見ていたが、どうであろうか、ともあれ、「不正手段」での報酬の増額があったようなのだ、ゴーン容疑者などは、フランスと絡んで、まるで、もくもくと働く大量の労働者が居る、日本の大きな企業を恣意のままに、自己利益専一の為に利用していた。

 つまり、金権餓鬼の振舞なのだ。日本の裁判官も「純粋餓鬼」に過ぎて、下らない「世界世論」など気を使ってしまい、ゴーン容疑者を釈放してしまったのだ。

 一方、「ZOZO」の前川社長は変わり者で、創業者らしいのだが、涙などを浮かべてはいるものの、数百億円の利益を独り占めして従業員に分けようともしないようなのである。

 これも、資本家餓鬼の振舞なのである。

 その上、日本民族も自己専一餓鬼に陥りがちで、公共の為に自制することを忘れてしまっているのである。これでは、益々、韓国文政権の理由のない、馬鹿らしい餓鬼的攻勢については、当然、勝ち抜いていくにしても、そして、また、安倍政権は最後の改造内閣を構成したが、日本国の先細りが心配されるのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント