最低賃金が初の900円台となる、朗報である、国力の発揮にもつながる。

 だが、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は1,000円台を迎えても良いと考える。何故なら、 一つ、日本の企業の内部留保が大きいのは知れ渡った亘(わたっ)た事実である。 二つ、国民も含めてよいが、企業の経営者の矜持が衰えてきているのも事実だ。 三つ、格差社会がますます拡大してきている。 四つ、中小企業は苦しいとすぐ言うが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more