韓国が日本について、WTOに提訴する準備を整えたそうだ。

 昨日(令和元年9月28日)、韓国は関係閣僚会議を開き、日本をWTO(世界貿易機構)に提訴することを決めた、と李首相が表明し、日本の駐在長峰大使を呼び日本の「ホワイト国」外しについて抗議したようだ。当然、WTOに提訴する予定、とも伝えたのであろう。

 なんとも、韓国の文政権はしつっこい、下らない政権なのであろうか。訳の分かった韓国民の皆さんや、在日の皆さんは一日も早く反日の文政権を潰して、同国の大方の常識やその基礎となる教育も正しいものにして下さい。

 思えば、順不同になりますが、慰安婦問題、照射事件、徴用工問題、GSOMIA(機密条約)についても、漏れはあるであろうが、基本的な問題は全く無いのである。

 このブログに個別に、何回も書いております。また、竹島の問題もあります。

 そこに、大統領が上陸することは以(も)ての外で、更に、何日だったか軍事演習するなどと言うことは、宣戦布告と同様の思慮の無い暴挙であると言って良い。

 元々、この問題は、文政権にも似た韓国の李承晩大統領がラインを引いたことから始まったのだと、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は記憶している。

 そして、日本海で定着していたものに、どの大統領であるか調べないが、東海とする、など申し立てた「お方」も居たのである。

 そして、上の問題の発端である輸出管理の優遇国(ホワイト国)外しであるが、この場合は、指定三品種について安保上問題があるときのみ、正式な手続きして下さい、とのことなのである。更に、その古い手続きについては、文政権は日本のものより、厳しい対抗処置をとっているのである、全く、文政権とは呆れ果てる政権なのである。

 一部の識者や外交官上がりはなどは、日本は「話し合う機会」を作れ、とのうのうとコメントするが、どんな機会であるのかあきれ果てる。つまり、文政権には毅然とした対応をとり続けなければならないのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント