発達障害との言葉を良く聞くがその理解について。

 学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎の理解(8月27日の署名記事、大阪版、産経紙)として書きますので、読者の皆さんはご参考にして、関心のある方は自らも調べて下さい。

 先ず、どうやら、誰もが発達障害には陥りやすく、三つのタイプがあるようです。

 一つは、注意欠如タイプのことで、いわゆる自閉症的で周囲から孤立し躁うつ病になりやすく、本人はつらい思いをしている。そして、医師からは見落とされることが多いそうです。

 二つは、多動性タイプのことで、癇癪(かんしゃく)持ちで、パニックを起こし、孤立的になりやすく周囲からは煙たがられることが多いそうです。

 三つは、前記した中間タイプのことで、これも、医師からはグレーゾーンとして見落とされることが多いそうである。保護者によっては、グレーゾーンになるまで専門医を転々とするケースもあるそうだが、むしろ、発達障害とされ、専門的な治療と教育を受ければ、落ち着いた生活を送れるようになるそうである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント