いよいよG20サミットが始まった、議長国日本は何とか成果を収めたい(ツイッター風ブログ)

 とは言え、大方、事務方が話を詰めてはいるが、題名に書いたが、日本は初めての議長国である何とか成果を収めたいものである。

 せめて、「大阪トラック(ITを活用したデジタル経済にからみ、電子商取引の購買履歴と言った情報に関する国際ルールの策定)」への目途を点けたいとするものである。

 現在は、各国の利害や思惑が絡み合い、EUは個人情報の保護を重視し、データー管理が十分でない国への情報の移転を認めておらず、米国は企業活動を優先し、データー流通は自由である、中国はデータ―の海外移転を厳しく規制しているそうである。

 なかなか、各国の思惑は入り混じっているようなのだ。

 日中首脳会談は済んでおり、要点は、周氏の国賓としての来日、永遠の隣国としての首脳の相互往来、周氏は北朝鮮との拉致問題などについて支援する、となっている。

 中国の周近平主席は、気持ちが悪くなるほど日本への接近を「演出」するが、そのまま信じて良いのか疑念も残るのである。

 G20と言うものの、参加国は雑多で多く、成果などは気にせずともいいかもしれないのだ。セッションとしては、世界経済、イノベーション、格差・インフラ、気候変動が予定され、未だ、明日29日(土曜日)が残るがどうであろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック