「拡大自殺」、岩崎隆一容疑者、川崎市の19人死傷事件は防げるのか、(ツイッター風ブログ)

 岩崎隆一容疑者は叔父叔母のところで世話になっていたようなのだが、犯行後自殺しているのだ。  そして、叔父、叔母夫婦に世話になっていた理由は不明だが、カルタス学園の送迎バスに乗車する為整然と並んでいた生徒などに、手袋をした両手に持った刺身包丁で走りながら襲い掛かり、たちまち19人もの死傷者を出したのだ。  外務省でミャンマー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

幼稚な国家、北朝鮮、金正恩委員長は歴史を正しく認識すべきである(ツイッター風ブログ)

 安倍総理はトランプ大統領との会談(5月27日)の中で、北朝鮮のわが国に対する拉致問題について、条件を付けずに金正恩委員長と会談する、旨説明し、トランプ大統領は全面的な協力を約束した(5月28日、産経紙)。  だが、確か、北朝鮮は2回にわたり、日本は国家として拉致を行った、旨喧伝(けんでん)したのである。しかし、このことは、如何に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領来日フィーバー、余波、安倍総理もなかなか大変だ(ツイッター風ブログ)

 相撲については、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、最近では、下手なゴルフとブログを書くこと以外はすることもないので始まればNHKさんのお世話になっている。  何故か、ほっとしながら、相撲を楽しんでいる。  大昔には八百長もあり、最近では貴乃花親方の「反乱」もあったが、真剣なやり取りで、興味があるからだ。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

よくわからないが英国のメイ首相が泣きながら辞任を表明した(ツイッター風ブログ)

 だいたいが、EU脱退の国民投票が行われたのは2016年6月だが、多数の差で決定されたのでは無く、賛成50パーセント台で反対が40パーセント台の僅(わずか)な差(さ)であったのだ。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、今でいえば、ポピュリズムの勢いで、英国はEU脱退の国民投票を行ってしまったのだ。  そして、EUで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

維新の丸山議員について、週刊誌2誌が報道した、あえてもう一度書く(ツイッター風ブログ)

 どうやら、与野党は懲罰の動議を検討しているようであるが、丸山議員は診断書を提出し、議員は続けるようである。  丸山議員については、下に一つ記事を示したが、これで3回目の記事を書くことになる。また、彼についての評論では、モンテーニュやドン・キホーテに絡むものまで現れてきた。酷評であるが当然であろう。  彼のその他の報道として…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

国会審議を丁寧に、小細工な安倍政権苛めは止めて、提案法規の審査深化を(ツイッター風ブログ)

 題名に書いたがその理由を二つ上げる。もっとあるかも知れない。それに、メディアも反省して下さい。政争ばかりに焦点を合わせることは止めて下さい。報道の深化を図ってください。  一つ、ふるさと納税について改正され、6月から新しい規制がスタートします。主な内容は、返礼品は地場産品に限る、調達品は寄付金額の3割以下等です。つまりは、問題の…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

4月の施行、「働き方改革」は大丈夫か、70年ぶりの改革だから心配になる(ツイッター風ブログ)

 それに、社長、親父、経営者の資質が低下してきたので心配が増すのである。厚労省か労基か、実質、地方自治体か調べないが、違反については厳罰に処してほしい。  また、始業時間などは、例外はあるようだだが、自由に決められるので楽しみながら仕事も出来るのである。  更に、残業時間も、年、720時間と決められたので、仕事が好きな変わり…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

維新の丸山議員の発言について問題はあるにしても許せる範囲だ(ツイッター風ブログ)

 このブログで前に記事にしているが、丸山議員は、どうやら、酒が好きなようで、以前にも酒の上でトラブルがあり、状況は不明だが相手に噛みついたことがあるようだ。  例えば、相手が相撲取りのように大柄で抵抗の仕様(しよう)が無かったのかも知れないないが。負けん気の強い性格、良く言えば自己の信念に忠実である性格なのかもしれない。  …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

自民党大阪府連、渡嘉敷奈緒美新会長頑張れ、「大阪都構想」実現(ツイッター風ブログ)

 要は、渡嘉敷奈緒美新会長が、「大阪都構想」の反対を白紙に戻したい、との意向を示したところ自民党大阪府連内に異論が出たと言うものである。  このブログでは、大阪都構想については、日本の東京一極集中を廃し、地勢的にも政策的にも、大阪都構想の実現により、大阪を軸にした日本列島の二極化を図ろうとすることを強く主張してきた。  つま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

維新の丸山議員が除名された、止むを得ないであろう、酒に酔っていたようだ(ツイッター風ブログ)

 要は、ピザなし交流訪問団に参加した丸山議員が島民らの前で、どなたか知らないが、会長に「戦争によって取り戻せることが出来るのか」等と質問したのである。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎に思い浮かんだのは、読んだかどうか真偽は不明だが、5月14日の産経紙「一筆多論」の記事である。  見出しには「四島は日本固有の領土だ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ポスト安倍総理の条件だが人物的には順不同で、石破、岸田、菅、小泉(ツイッター風ブログ)

 先ず、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎の第一巻(かん)である、ことをお断りしておく。従って、恐縮であり、併せて失礼もお詫びしておきます。  小泉氏は未だ子供で問題外である、と考える、岸田氏は音(おと)無(な)しくて、線が細い、石破氏は強烈な個性だが歴史観が間違っているように思える、菅さんは、ここに来て急浮上した。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

菅官房長官訪米(国連)では講演もしたようだ、流石日本のNO2(ツイッター風ブログ)

 つまりは、痩せても枯れても日本国のNO2である。  それに引き換え、日本の若者達は、野球、サッカー、最近ではBリーグ、それにロック等にうつつを抜かしていてはならないのだ。また、世界における論文の引用件数はアメリカ中国に水を開けられているというではないか。  また、菅官房長官は、珍しい外国出張で、安倍総理の悲願である拉致問題…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

フェルメール展が終了するが、先ず東京都で開き次いで大阪だった(ツイッター風ブログ)

 ところがどうだ。日本人の100人に一人が観(み)たと言うではないか。ここに大阪維新の会の「大阪都心の構造改革の意義」があるのである。  後から、読者の皆さんは下に前の記事を示しましたので、もう一度読み直して下さい。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、若い頃、年下の友人に誘われたこともあり、勤務地近くの「文化会館…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

維新の会は公明党案をのむべきである、大阪府警は動け(ツイッター風ブログ)

 大阪での元々の維新の「改革」は、府と市の二重行政の改革であったようだ。だが、今では「日本列島の構造改改革」に変質しているのである。  木村市長は小さくまとまることは止めて、公明党の申し出を受けるべきだ。堺市民も「大阪がなくなる」とは竹山前市長が喧伝(けんでん)したかも知れないが、そうは思っていない筈だ。  大阪の都構想につ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

イラン情勢緊迫、アメリカは5日、同国騒乱に備え空母打撃軍など派遣(ツイッター風ブログ)

 ロウハニ大統領のイランには、北朝鮮と同様に国連安保理による核開発について制約、制裁が科されていたが、アメリカのトランプ大統領はその協定から脱退していたのである。  つまり、このことから、空母打撃軍などの派遣騒動が起こったのである。  そして、アメリカのポンぺオ米国務長官は、友好国ではあるが急いでいたのであろう、予告なくイラ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

米中の貿易戦争激化か、日本は中を取り持つことが可能か(ツイッター風ブログ)

 安倍総理は日中関係について、確か、「正常」に戻ったと語った筈だ。確かに、韓国や北朝鮮からのように「滅茶苦茶な反日行動(報道)」が影を潜めているようにも思える。  ところで、アメリカのトランプ大統領は米中関係の「貿易戦争」における、追加関税について22兆円分の10パーセントの関税を25パーセントに引き上げると4月10日、得意げの署…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

金正恩委員長の北朝鮮が突然、ミサイル発射、方針転換か(ツイッター風ブログ)

 5月3日に北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射した。また、北朝鮮メディアは火力打撃訓練を実施したと報道し、垂直に上がるミサイルの写真も公開した。そして、東部の発電所などを督励する姿を報道したそうだ。  韓国国防省は「新型戦術誘導兵器」と分析し、ロシアが開発した単距離弾道ミサイル、「イスカンデル」との見方も出ている。だが、その後「飛…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

英国、メイ首相頑張る、英国でも統一地方選があり、与党の保守党が大敗(ツイッター風ブログ)

 EUから離脱派が大敗したのは、国民の意識が残留を希望したからだ、と自由党などは主張している。だが、メイ首相は、離脱案を議会が承認しないからだ、と逆の立場だ。  つまり、メイ首相はEU内からの英国への「移民」が多数存在する等の事情もあり、国民投票を実施したキャメロン元首相を強く支持しているのであろう。  日本の一部野党にも通…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

5月5日は憲法記念日、安倍総理が思いを語った、成し遂げさせてやりたい(ツイッター風ブログ)

 憲法改正については、蒙昧な国民や野党が存在するので無理かもしれないとの懸念が過(よぎ)る。勉強したらすぐわかることだが、高卒、大卒となってしまえば、勉強する機会もなく、教条的イデオロギーに染まった人物を除き、憲法などには関心はないので無理もない。  世界の中でこんな「恥辱に塗(まみ)れた憲法」を有難く押し頂いている国は日本だけで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

平成、令和その前の昭和の基本的なことも書いておこう(ツイッター風ブログ)

 連綿と続いて来た伝統的日本に文明開化があって、乱暴に言うが切り取り自由の帝国主義の時代でもあったが、日本は西欧を学び、日ロ、日清戦争に勝利した。元号では明治、大正、そして昭和となる。  学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は昭和の生まれで来年には80歳を迎える。書いておきたいことは、トランプ大統領のアメリカと戦い、日本は負け…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

5月1日、いよいよ令和だ、この時代をどう発展させるのか考える(ツイッター風ブログ)

 先ず憲法だ、GHQ(連合国マッカーサー司令官)から押し付けれれた「GHQ憲法」を冷静に、与野党が和して、憲法調査会ではなく審査会で、改正の作業を粛々と進めて欲しい。  ・このブログには未(ま)だ書いていないが、「大日本帝国憲法」でも民主主義は可能であるとした憲法学者もいたのである。  次は政治改革である。つまりは、いつまでも、…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more