トランプ大統領来日フィーバー、余波、安倍総理もなかなか大変だ(ツイッター風ブログ)

 相撲については、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は、最近では、下手なゴルフとブログを書くこと以外はすることもないので始まればNHKさんのお世話になっている。

 何故か、ほっとしながら、相撲を楽しんでいる。

 大昔には八百長もあり、最近では貴乃花親方の「反乱」もあったが、真剣なやり取りで、興味があるからだ。

 そして、時には、人生の深淵にも触れる思いがするのである。序の口、序二段、三段目、幕下と進み、確か、三段目までは7回しか試合がなく、4勝で勝ち越しが決まる。

 「若い者頭」との役職があるようだが、大量の若者が「相撲」と言う職業に取り組んでいるのである。更には、「神技」とも言われ、外国人には理解不能とも思われる「日本の、日本人の伝統文化」に満ち満ちている。

 最近では、子供のころから大学まで習い続けて角界に入る者も多いようだ。

 トランプ大統領には失礼に当たるかも知れないが、書いたような日本の伝統文化を理解した上での優勝杯の創設であろうか、疑念も残るのである。

 だが、そのように斜めに構えては優勝杯が無駄になるので、素直に感謝しておかなければならないのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック