国会審議を丁寧に、小細工な安倍政権苛めは止めて、提案法規の審査深化を(ツイッター風ブログ)

 題名に書いたがその理由を二つ上げる。もっとあるかも知れない。それに、メディアも反省して下さい。政争ばかりに焦点を合わせることは止めて下さい。報道の深化を図ってください。

 一つ、ふるさと納税について改正され、6月から新しい規制がスタートします。主な内容は、返礼品は地場産品に限る、調達品は寄付金額の3割以下等です。つまりは、問題のある市町村を除外出来ることになったのです。

 過当な寄付受け競争は鎮火するであろう。

 二つ、読者の皆さんは資金移動業者との言葉をご存知ですか、学者でもなく専門家でもない不肖今唐加太郎は知りませんでした。

 主として銀行の事のようだが、調べないが、このような法律がキャッシュレス化に伴い制定されていたのであろう。

 そして、改正内容について、産経紙(5月21日)は「規制緩和、業者乱立のおそれ」と見出しを付けている。

 つまり、改正内容は、高額資金移動業者、仮称(100万円超の送金が可能)、少額資金移動業者、仮称(数千から数万円のみの送金が可能)となるようなのです。

 さて、終わりますが、題名をもう一度書いておきます。「国会審議を丁寧に、小細工な安倍政権苛めは止めて、提案法規の審査深化を」です。

 野党の諸君、肝に銘(めい)じて下さい。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック