米中の貿易戦争激化か、日本は中を取り持つことが可能か(ツイッター風ブログ)

 安倍総理は日中関係について、確か、「正常」に戻ったと語った筈だ。確かに、韓国や北朝鮮からのように「滅茶苦茶な反日行動(報道)」が影を潜めているようにも思える。

 ところで、アメリカのトランプ大統領は米中関係の「貿易戦争」における、追加関税について22兆円分の10パーセントの関税を25パーセントに引き上げると4月10日、得意げの署名ではなく、単に、表明をしているそうである。

 安倍総理は昨日(5月7日)トランプ大統領と電話会談を行った筈だ。北朝鮮の「飛翔ミサイル問題」と併せ「貿易問題」についてトランプ大統領を説得したのだろうか。

 日本も中国と同様のアメリカとの貿易関係について協議を行っており、その支援になると思うので、例えば、グローバル化している自由貿易の重要性について説得した可能性は無きにしも非(あらづ)であろう。

 また、中国は副首相の劉鶴を派遣して交渉にあたるようである。

 日本も今書いたように自由貿易の重要性は認識しつつ、基本はウイン、ウインとしながら、トランプ大統領の向こうを張って、ジャパンファーストを主張してみてはどうであろうか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック