本当であろうか、中国が台湾に対し一国2制度性を取っている(ツイッター風ブログ)

 一昨日、台湾の蔡総統に産経紙が単独インタビューをしたが、中国は台湾に対しマカオと同様の「一国二制度性」を取っていると言うのである。

 考えてみれば当然のような気もする。

 台湾は日本の植民地、委任統治の国であった。そこに蒋介石の国民党が毛沢東の共産党との「国共合戦」に敗れて逃げ込んできたのである。

 そして、蒋介石の国民党は「台湾人」に対し残虐な弾圧も犯しているのである。従って、中国人と台湾人は明らかに違う、失礼を承知で最も単純化して表現すれば、中国人はワイワイガヤガヤしながら利にさとく、台湾人は親切である。

 つまり、韓国や北朝鮮とは大違いで、「東日本大震災」の時も一番早く、一番多くの義援金を送ってくれた筈だ。

 従って、アメリカは中國と「経済戦争」もしていることだし、安倍総理はトランプ大統領と協力しつつ、台湾の蔡総統に対し親密にしてやって欲しいのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック