大坂のダブル選挙いよいよ開始、維新は明確にその目的を語れ(ツイッター風ブログ)

 さて、大坂のダブル選挙がいよいよ開始された。確か、二回ほどテレビで「対決番組」が報道されたが、ピントがずれている、と感じた。

 その影響であろうか、未だ、維新の主張を街頭で聞いてはいないが、 明確に、「ダブル選挙の目的」を伝えているか心配している。

 吉村市長、知事候補だが、の街頭演説の内容の「切り取り」が報道されていたが、報道番組同様にピントがずれていたのだ。

 ダブル選挙については、数回、このブログの記事を書き、社民党の辻元女史は「はしゃぎすぎ」、自民党の二階幹事長は誤解している、と書いた。

 従って、もう一度維新のダブル選挙の大要、基本を書いておきます。

 それは、「大坂の復権をはかり、日本の基本を地勢的にも、政治的にも、二極構造にしてますますの発展を図る」、とするものである。

 不肖今唐加太郎は山梨県人であるが、今は、大阪人になり切っており、大坂の発展を願っているのです。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。
 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック