大坂ダブル選挙対抗候補者が決まったようだ、対抗馬が小粒過(す)ぎる(ツイッター風ブログ)

 そして、少し血迷ったか、自民党の二階幹事長がいやに力を入れているようだ。安倍総裁の任期には肯定的な意向のようだが、ダブル選については誤解があるようだ。

 つまり、松井知事に対するには、実に、元副知事でこの問題の担当であったそうだが、小西禎一氏、吉村市長に対するには、元市議の柳本顕(あきら)氏となるようだ。この選挙は、単なる、二重行政を無くす等との単純なものではないのである。

 更に、松井知事の言によれば、小西禎一氏などは大坂を「都政方式」にする意図を理解しておらず、また、不肖今唐加太郎の推測になるが、大坂が無くなってしまう、とのデマを流したのは元市議の柳本顕(あきら)氏であろう。

 二人とも小粒に過ぎる。政治家でダブル選に見合った候補者は思いつかない。

 また、世界覇権をアメリカと争う中国の社会主義独裁国家の膨張、核装備を放棄しないと見られる北朝鮮、それに同調する意図が疑われる韓国文政権、災害が多発する国内事情などなどの情勢を見越し、このブログの記事に既(すで)に書いた。

 それは、極度の東京一極集中主義を排し、日本国の構造改革なのである。政治的、地勢的に見ても、地方創生の意図からも、大坂の復権化を図ることが重要なのである。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック