吉村洋文大阪市長、お見事、駄目な大阪政党の自民、公明、共産(ツイッター風ブログ)

 吉村大阪市長が、7月に就任したサンフランシスコ市長に、9月までとしていた慰安婦像などの撤回について回答がなく、姉妹都市解消の通知を出したそうだ。

 つまりは、従前から、慰安婦像と碑文の設置について抗議してきたが、認められない経緯があり、吉村市長がサンフランシスコ市との姉妹都市協定を破棄したのである。見事な決断でお見事である。

 それに反して大阪の自民、公明、共産が反対した、バカ政党である。つまりは、吉村市長が「維新」だから反対したのだと推測する。

 それに、政府も駄目である。これは大阪市の問題ではなく日本国の問題であるからだ。この意味において、安倍総理は政府の立場から慰安婦像や碑文の設置問題に取り組むべきなのだ。

 吉村市長が対処してきた当時のサンフランシスコ市長(リー氏)は、たとえ批判にさらされようと選挙で選ばれた市長として地域に応えると、まるで、小学生レベルの政治家のように対応したようである。

 つまり、慰安婦問題などは虚妄の問題であって、当然、強制連行などを軍や政府がする筈もないのである。

 安倍総理は今回の組閣で、石破派の山下法相を任用した。彼は米の慰安婦訴訟で実績を示したそうだ。そのような人物を米国大使館や国連に派遣する等、この問題も含めて、慰安婦問題に対処して欲しい。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。


 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック