憲法改正に伴う9条2項解釈、松川るい議員お見事(ツイッター風ブログ)

 自民党の総裁選で一人で果敢に戦った石破元幹事長について、このブログで憲法解釈が甘い、と書いた記憶がある。昨夜のBSフジ、プライムニュースに出演していた参議院議員、松川るい女史に天晴(あっぱれ)を送ります。

 9条2項の「交戦権」について、条約上の云々、と説明していたのである。残念だが、間違いの認識であれば良いのだが、石破氏は戦う権利と解しているのである。

 大東亜戦争の敗戦が濃厚になった頃、日本は大日本帝国憲法の改正を意図し、作業していた。つまり、大日本帝国憲法の改正によっても「民主主義国家」は可能である、との学者も、当時、居たのである。

 松川るい女史の条約とはジュネーブ条約の事で、この場合の解釈は日本兵が捕虜になったっ時の「捕虜の権利」を意味するのである。

 そのように解釈することによって、マッカーサー司令官(連合国)が示した「軍備を必要としない無防備」の9条でも軍備を備えることが出来るよう見せかけたのである。

 自衛隊の諸君、今しばらくの辛抱である。安倍総理が任期3年間の間に「スッキリ」解りやすく改正してくれればそれまでの間(あいだ)の辛抱なのだ。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック