加計学園などの文書が新たに見つかったそうだ、だが問題の本質に変わりはない(ツイッター風ブログ)

 加計学園、瑕疵担保をチラつかせ、詐欺などで拘留されている籠池夫妻の森友文書、自衛隊の日報文書がそれぞれ、何千ページもの膨大な量が段ボールに詰められ開示された。

 そして、当初の段階だが、印象に残っているのは愛媛県の中村知事が、それだけだのことだ、と語り、論評をしなかったことだ。

 但し、立憲民進党の福山幹事長と辻元国体委員長委員長は相変わらず政局にしようと、まるで籠池夫妻のようにパホーマンスを繰り返し、二人が、出てくるとうんざりしてしまう。

 この大量の文書は、このブログの記事でお願いしたが、ほとんどが「備忘録的」な「電子文書」であろう。既に、今までも国会で討論されているのである。

 問題の本質については何ら変わりがないのである。

 トランプ大統領が時々「ひっくり返す」こともあり、世界は大きく動こうとしている。わが国にとっては、北朝鮮にかかわる朝鮮半島は中国とロシアとの関係にも関連し、特に重要である。

 最後に、うんざりしてしまい、お願いしても無理だろうが、立憲民進党の福山幹事長と辻元国体委員長委員長様、何とかなりませんでしようか。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック