朝鮮首脳会談終わり、「米朝」首脳会談どうなる(ツイッター風ブログ)

 昨日(4月27日)に朝鮮首脳会談が終わった。表見的には見るべきものはなかった。さて、4月26日の産経紙が伝えている。

 ワシントン駐在の、例の、古森氏の記事である。見出しが、端的に、記事の内容を要約してくれているが、「米朝会談失敗なら、北は核開発加速」とある。

 これは、現在、戦略国際問題研究所(CSIS)研究員を務め、北朝鮮の専門家であるラリー・ニクシュ氏の考え方なのである。 

 また、当たり前の話であるが、最近は金正恩委員長を持ち上げているトランプ大統領を安倍総理が、どのように説得したかにもつながっているのだ。

 そして、ラリー・ニクシュ氏は、国連に基づく経済的締め付けをさらに強化し、北朝鮮に反省させ、さらには、軍事オプションへの傾きが顕著となる、としているのである。

 冒頭に、「表見的には」と断ったが、金正恩委員長がトランプ大統領の主張に応じ、核と弾道弾廃棄を素直に認めて欲しいのである。

 また、具体的な結論について、詰めの作業をしている最中であろうが。

 それではまた、ご機嫌よう、さようなら。

 

 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック