憲法9条について、何回も書いているが(ツイッター風ブログ)

 参議院の憲法調査会が開かれた。様々な議論が行われたようだ。だが、確信に触れたものは一つもない。産経紙が伝えていた。

 そして、このことについては、このブログに何回も書いてきた。問題点は二つだけだ。

 一つ、第1項の、「国際紛争を解決するため」との制約である。自衛戦争、防衛戦争、が国際紛争のうちに入るかどうかである。

 確か条文にもあったが、そして、前文にもあるのだが、「世界平和を希求する云々」の表現を根拠として、世界の現状がそうでないから、自衛戦争、防衛戦争、は含まれない、との解釈を取れば9条は安倍総裁(総理)が言うようにそのまま存知できる。

 二つ、二項の「交戦権」である。ジュネーブ条約による「捕虜になった際の権利」である、と解釈すれば、何ら問題はない。つまり、二項は、戦争をする権利の否定ではないのである。

 さて、以上の説明を理解できる人が、何故、このことを主張しないのであろうか。その遠因は、マッカーサー、連合国から刷り込まれた、巨大な被虐史観である、と言えるであろう。

 ではまた、ご機嫌よう、さようなら。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック